サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディ、新型Q3を公開 欧州では今年11月に発売

ここから本文です

アウディ、新型Q3を公開 欧州では今年11月に発売

独アウディは7月25日、フルモデルチェンジを受けたコンパクトSUV、新型「Q3」を世界初披露した。

2011年のデビュー以来、プレミアムコンパクトSUVとして高い人気を誇ってきたQ3が、第2世代へとフルモデルチェンジ。新型のエクステリアは、立体的な形状のフロントグリルやワイド感を強調した意匠のフロントバンパー、力強く張り出したリアフェンダーなどにより、スポーティさに磨きをかけた。

フォルクスワーゲングループのモジュラープラットフォームをベースとする新型のディメンションは4485mm×1856mm×1585mm。先代に比べ全長が+97mm、全幅は+25mm、全高は-5mmとなった。また室内スペースの拡大を求める声に応え、ホイールベースも77mm延長している。

パワーユニットは3種類のガソリンと1種類のディーゼルを用意する。最高出力は150hpから230hpまで幅広いが、すべてが4気筒のターボ過給ユニットで、トランスミッションには6速MTまたは7速Sトロニックが組み合わされる。

インテリアは上級モデルと同様に、エアベントなどのアッパー部分と、ブラックのコントロールパネルを含むロワ部分で分割したデザインを採用。アウディらしいパネルやスイッチの精緻なつくりが上質感を高めており、エクステリアと呼応したオクタゴンデザインの加飾も新鮮だ。また、リアシートには150mmのスライド機構を取り入れ、快適性や積載性を向上させた。荷室容量は5名乗車時で530リッターから675リッター、後席格納時には1525リッターにまで拡大する。

プレミアムモデルらしく先進装備も満載しており、10.25インチのデジタルインストルメントパネルが全グレードで標準装備されるほか、タッチスクリーン方式のディスプレイを備えたナビゲーションや、フルデジタルで様々な情報表示が可能なメーターパネル「アウディバーチャルコクピット」もオプションで用意。車内Wi-Fiなどのコネクティビティも充実しており、アダプティブクルーズコントロールを始めとするドライビングアシストも充実している。

アウディらしい先進装備とSUVならではの使い勝手で、人気を集めそうな新型Q3。欧州では今年11月のリリースが予定されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します