サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型シエンタ発表。ハイブリッドや衝突回避支援パッケージも設定

ここから本文です

新型シエンタ発表。ハイブリッドや衝突回避支援パッケージも設定

7月9日、トヨタはブランド最小となる3列ミニバン「シエンタ」を12年ぶりにフルモデルチェンジした。新型は後席両側スライドドアと3列シートを踏襲しつつ、ボディサイズを見直し、フルハイブリッド車も追加するなど、ダウンサイザー時代の主力スモールミニバンを見据えたチェンジとなっている。価格は168万9709円~232万9855円。月販目標台数も7000台の大台を狙う。

グラフィカルなエクステリアでイメージ一新

新型シエンタは先代とイメージを大きく変えて、ワンモーションフォルムのアクティブなデザインを採用。前後のライトからバンパーに繋がるガーニッシュとサイドのプロテクターなどで、スポーティなグラフィックをつくり出している。

豊富なカラーバリエーションも特徴だ。ブラックのガーニッシュ&プロテクターをアクセントにしたボディカラーは全8色、さらにブルーメタリックかブラウンパールのガーニッシュを組み合わせるFLEX TONEと呼ばれる5色の組み合わせも選べる。

低床設計と考え抜かれたシートアレンジ

ボディサイズは全長4235(+115)×全幅1695×全高1675(+5)mm、ホイールベース2750(+50)mm。5ナンバー枠に収まるものの一回り大きくなり、3列&スライドドアを採用するホンダ フリードに近いサイズとなった。※()内は先代シエンタ。

2列目シートは7人乗りと6人乗りの2タイプを設定。無理なく座れるように、3列目のシート幅は70mm、ニースペースは20mm拡大されている。3列目シートは先代に引き続き、5:5に分割して2列目シート下にダイブインするスペース効率に優れた構造で、格納時には跳ね上げ式に勝るラゲッジルームの使い勝手を実現できる。

低床&フラットフロアも自慢の一つ。スライドドアの乗り込み高さは先代より50mm低い330mm(FF車)となっている。

本格ハイブリッドシステムを新設定

アクア譲りの本格的なシステム(THSII)を搭載したハイブリッド車は、3列ミニバンではトップのJC08モード燃費27.2km/Lをマーク。

ガソリンモデルも最新の新高効率エンジンを搭載。高圧縮比、アトキンソンサイクル、クールドEGR、アイドリングストップ機能などが投入され、ガソリン車ミニバントップの20.2~20.6km/Lを実現している(FFモデルの場合)。

衝突回避支援パッケージは全車でオプション設定

カローラから導入が始まった衝突回避支援パッケージ(トヨタ セーフティ センス C)は全グレードでオプション。赤外線レーザーと単眼カメラを組み合わせたシステムで、10-80km/hの間で作動する自動ブレーキやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどがセットになっている。

<スペック例>

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します