サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ミツオカ 卑弥呼を撮影 ロードスターの改造術

ここから本文です

ミツオカ 卑弥呼を撮影 ロードスターの改造術

昨年12月に発売されたミツオカ「卑弥呼」は、マツダ ロードスター RHTをベースにモーガンもびっくりの古典的ボディを身にまとう。

卑弥呼のデザイナーはオロチを手がけた青木孝憲。ホイールベース(※エンジンバルクヘッドからフロントアクスル間)を700mm延長し、逆にフロントオーバーハングを560mmとぎりぎりまで詰めた結果、シートを中心に前7:後3のロングノーズ&ショートデッキの黄金比のプロポーションを実現したという。

全長=4575(+555)mm×全幅=1725(+5)mm×全高=1255(±0)mm、ホイールベース=3030(+700)mm。※括弧内はロードスターRHT比。

とはいえ、リトラクタブルハードトップ機構周り(格納パネルも含む)や、インテリア全般はほぼ無改造で、ドア、フロントウインドシールド、アルミホイールなどもロードスターそのもの。また、エンジンや駆動方式にも変更は無い。

逆に言えば、フロントフェンダー・ボンネット・フロントバンパー・トランク・リアバンパーの架装のみで、効果的にクラシックカーフォルムを作り出しているところは、さすがミツオカ。よく見ると、フロントのライトユニットはミニ、リアのテールランプもオロチのパーツが使われるなど、細かな発見があるのも楽しい。

価格はスタンダード(6速AT)=495万円、プレミアム(6速MT)=536万円、ハイ プレミアム(6速AT)=565万円。年間35台の手作り生産予定で、モデルイヤーと1/35~35/35のシリアルナンバーも刻印される。予約は専用ウエブサイトで受付中(http://www.mitsuoka-himiko/advanceorder.html)。顧客層は現在、男性中心とのこと。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します