サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > NSX改良モデル試乗 見た目はほとんど変わらないが中身は相当良くなった

ここから本文です

NSX改良モデル試乗 見た目はほとんど変わらないが中身は相当良くなった

NSX改良モデル試乗 見た目はほとんど変わらないが中身は相当良くなった

ホンダ NSX 2019年モデル

内装はもう少し手を加えてほしかった

2018年も終わりが見えてきた年末になって、かなり心を揺さぶられるモデルが登場した。「ホンダ NSX」2019年モデルがそれだ。

見た目には2016年8月の発表時から大きな変更はない。ワイド&ローを強調するべく、フロントエンブレム下のグリル部のクローム加飾をボディ同色にした程度だ。

仕事柄、様々なモデルに試乗するが、最も人々が振り返り、写真を撮られることが多いのがNSXだ。あまり見ることがない希少性(日本で受注400台:年間目標販売台数100台)と、スーパーカーの中でも異様なまでのロー&ワイドな見た目がそうさせるのだろう。今回のごく小さな変更でも、その異質なロー&ワイドがさらに強調されている。

初代NSXで人気だったオレンジのボディ色も復活した。まったく同じ色ではなく、より派手なボディカラーが許容されるようになった今の時代と、新型NSXのスタイルに合わせた「サーマル・オレンジ・パール」で、オプションでキャリパーにもオレンジ色が追加されるなど、コーディネートもできる。一方、室内はオプションだったアルミ製のペダル&フットレストが標準設定になった以外は変更なし! 「レジェンド」と同じ匂いが漂う内装には、もう少し手を加えてもらいたかった。

もちろん、そんなことを言われるのはホンダも百も承知のはず。今回の変更の要は「走りの質」だ。見た目や装備ではなく、ホンダのスポーツモデルのフラッグシップとして、胸を張れる乗り味を探求して全ての工数を注ぎ込んだのは、乗ればわかる。それはビックマイナーチェンジに相当するほどの進化を遂げていた。