サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 日産 GT-R 2020モデルに試乗。新ターボとカーボンパーツで武装したNISMOは2400万円超

ここから本文です

日産 GT-R 2020モデルに試乗。新ターボとカーボンパーツで武装したNISMOは2400万円超

GT-Rの2020モデルは特にNISMOのパフォーマンス向上に注力

2007年に発売された日産「GT-R」。量産市販車でニュルブルクリンクを席巻するラップタイムを記録するなど、国外の他メーカーのスポーツカーにも影響を与えるトップレベルのパフォーマンスを追求された日産のスポーツカーが、2020年モデルにアップデートされました。その2020年モデルに編集が試乗しましたので、レポートします。

日産 GT-Rについて少し振り返ってみます。2007年の初期のモデルは、駆動系の機械音や低速域で硬いサスペンションなど、スパルタンで尖ったイメージを持っている方も多いと思いますが、2013年からは熟成と共にストリートスピードでも快適に乗れるGT色を強めていました。しかし、2014年に再びニュルブルクリンクなどのサーキットでのパフォーマンスが追求された「GT-R NISMO」が追加され、2020年モデルではそのNISMOのさらなるパフォーマンス向上のための改良を中心に、アップデートされました。

日産 GT-Rは、発売当初より“究極のドライビングプレジャーの追求”を目指して開発されています。2020年モデルも基本的にはその方向性が踏襲されていますが、今回は特に接地、制動、レスポンスをバランスさせ、人の感性に気持ち良く、速いクルマづくりに注力されているようです。

NISMOの販売比率は3割へ

2014年、GT-RにNISMOが登場し、ストリートユースとサーキットユースの異なる領域を広くカバーする車種モデル構成になりました。現在、NISMOはGT-R全モデルに対し販売台数シェアが約2割で増加傾向にあるようです。日産は、ハイパフォーマンススポーツカーであるGT-Rと、モータースポーツを想起させるNISMOのイメージがマッチすることによって、GT-R NISMOのシェアが伸びており、2020年モデルでは約3割程度に拡大されていく想定をしているようです。

次のページ>>新ターボとカーボンパーツを装備