サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型オデッセイ プライドを捨てたホンダの本気

ここから本文です

新型オデッセイ プライドを捨てたホンダの本気

その歴史にホンダイズムの"葛藤"が!

「今まではユーティリティ価値が不足していたと思います。3代目、4代目(オデッセイ)は乗用価値に振り過ぎてましたね」

ハッキリと反省を口にする中川真人・オデッセイ開発責任者。いやビックリ、不肖オザワ、マジでホンダが生まれ変わってきたことを確信しましたわ。そう、新型ホンダ・オデッセイだ。

ご存じ1994年に初代がデビューした元祖乗用ミニバンで、今回で5代目だが、その変貌ぶりは言わば「衝撃」ではなく、「熟成」であり「王道」。だが、この路線はホンダがなかなか今まで取れそうで取れなかった道だったりする。

1948年の創業以来、常にトヨタや日産を狙う後発として位置づけられてきた同社は、基本ニッチ狙いでありチャレンジ精神をモットーとしてきた。それこそがホンダイズム! だが、それはいつしか会社が大きくなる上で逆に障害となり、縛りになる部分も出てきた。例えば前作3~4代目オデッセイである。

せっかく初代と2代目でミニバンのパイオニアイメージと、スタイルの良さと走りと実用性の高次元での融合で、ブランドを築き上げてきたのに、そこにトヨタや日産が割って入って来たら、あっさりその道を捨てて未知なるミニバン像を追求。結果、究極の低床プラットフォームでもってあり得ない走りのミニバンを作り上げた。

それはそれでクルマ好きの心を掴んだが、総合力で他社にアドバンテージを許し、ついにトップの座をエスティマに明け渡すことにも繋がった。ま、根本的な販売力の差もあるんですけどね(苦笑)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します