サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スイフトがFMC。マイルドHVや直噴ターボ、最新の先進安全技術を搭載

ここから本文です

スイフトがFMC。マイルドHVや直噴ターボ、最新の先進安全技術を搭載

スズキは12月27日、コンパクトカーの世界戦略車「スイフト」をフルモデルチェンジした。発売は2017年1月4日。新世代の軽量プラットフォームを採用し、1.2L自然吸気エンジンにモーター機能付きオルタネーターを組み合わせたマイルドハイブリッドの「HYBRID」、1.0L直噴ターボエンジンを搭載したスポーティな「RSt」などをラインアップする。価格は134万3520円~170万4240円。月販売目標台数は3000台。

先代のイメージを引き継いだデザイン

エクステリアは先代スイフトの特徴だったラップアラウンド形状のウインドウや縦長の前後ランプを受け継ぎつつ、全高を抑えてホイールベースを長く取ったプロポーション。フローティングルーフやピラーマウントされたリアドアハンドルも採用する。上位モデルはLEDヘッドランプとなり、スポーティグレードの「RS」「RSt」は空力を意識した専用スポイラーやバンパーも装着する。

インテリアでは、上位モデルにカラー表示のマルチインフォメーションディスプレイを採用。メーターデザインやドライバー側に5度傾斜したインパネなどでスポーティな雰囲気を演出している。

マイルドハイブリッドや直噴ターボを設定

新世代の軽量プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を初採用し、サスペンションも新設計。車両トータルでは120kgの軽量化を実現し、全グレードで車両重量1トンを下回る。

パワーソースは3種類。1.2L 4気筒自然吸気エンジン搭載モデルはCVTか5MTが組み合わされ、燃費はCVTのFF車で24.0km/L。

これに発進&加速時に最大30秒のアシストを行なうモーター機能付オルタネーターのISGを装着したマイルドハイブリッドはCVTを組み合わせ、燃費はFF車で27.4km/L。

1.5L自然吸気エンジン並みの最大トルクを発生する1.0L直噴ターボエンジンには6速トルコンATが組み合わされ、燃費は20.0km/L。ターボモデルを除きエコカー減税の対象となっている。

歩行者も検知するデュアルセンサーブレーキサポート

単眼カメラとレーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキをスズキとして初採用。約5~100km/hで作動する自動ブレーキ(対歩行者は約5~60km/h)や、ハイビームアシスト機能、アダプティブクルーズコントロールなどが備わるセーフティパッケージは、ベースグレードの「XG」を除く全グレードにOP設定される。

次のページ>>スペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します