サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > アウディA3/S3発売。自動ブレーキやACCを標準化して価格は293万円から

ここから本文です

アウディA3/S3発売。自動ブレーキやACCを標準化して価格は293万円から

アウディジャパンは1月26日、フェイスリフトとともに安全装備を充実させた「新型A3/S3(スポーツバックおよびセダン)」を発売した。A3/S3スポーツバックは2013年9月以来、同セダンは2014年1月の導入から初めての改良となる。

価格は293万円(A3スポーツバック1.4TFSI)からと戦略的。また、新たに車高ダウン&大径ホイールなどを装着した“sport”グレードを設定した。

「アウディプレセンス フロント」や「ACC」を全車で標準化

今回からA3/S3全モデルに標準装備される「アウディプレセンス フロント」は、レーダーセンサーが前方の交通状況を常時監視し、必要に応じてドライバーへの警告やブレーキ操作への介入が行われるシステム。対車両では10km/h~250km/h、対歩行者では10km/h~65km/hの範囲で自動的に作動する。

さらにロングクルージングで高い効果を発揮する「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」が標準装備されるほか、アクティブレーンアシストやサイドアシストといった6つの先進システムを組み合わせた「セーフティパッケージ」も13万円のオプション装備として選ぶことができる(2017年夏以降の販売車両から)。

“sport”グレードを新設定。バーチャルコックピットも選べる

エクステリアデザインは従来モデルからシングルフレームグリルの横幅を若干広げたほか、鋭利なアクセントが入った新形状のヘッドライトを採用し、バンパーやリヤディフューザーもより立体的な形状へと変更されている。

さらに新設定の“sport”グレードでは、ホイールを標準の16インチから17インチにサイズアップするとともに車高を15mm下げ、低くスポーティな印象をより鮮明にしている。スポーツシート(前席)やパドルシフトなども標準で備わる。

また、TTやA4で採用されているフルデジタルの多機能ディスプレイ「バーチャルコックピット」も、4万円のオプション装備で選べるようになった。

先のA4から始まった“ライトサイジング”エンジンも採用

エンジンラインアップも見直された。「FF」モデルは従来の1.4TFSIエンジン(122ps/200Nm、19.5km/L)+7速Sトロニックを踏襲しつつ、「クワトロ」モデルには従来の1.8TFSIに代え、ミラーサイクルの原理を採りいれてパワーと効率をバランスさせた最新世代の2.0TFSI“ライトサイジング”エンジンを採用。従来から10ps/40Nm向上した190ps/320Nmを発揮しながら、燃費も14.8km/Lから16.0km/Lへと改善されている。

高性能版の「S3」では、2.0TFSIのパワーを従来から5psアップの290ps/380Nmに引き上げる一方、トランスミッションを6段から7段へ変更し、ドライバビリティと燃費効率を改善している。

なお、1.4Lエンジンに設定されていた気筒休止システム(COD)搭載グレードはラインナップから姿を消している。また「e-tron」はやや遅れて今夏ぐらいの導入になりそうだ。

コンパクトSUV「新型Q2」の日本デビューも近づく

アウディジャパンの斎藤徹社長から2017年の日本導入予定モデルについても明言された。今回の新型A3/S3を皮切りに、フルモデルチェンジを受けた新型A5/S5、同じく新型Q5、そしてコンパクトSUVの新型Q2も夏を目処に登場するようだ。さらに新型A3スポーツバック e-tronや新型Q7 e-tron 2.0TFSI クワトロの導入も予定されている。

次のページ>>グレード・価格およびスペック例

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します