サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ロードスター、マツダ3ファストバック、CX-5をちょっとクラシカルなレーサースタイルにカスタマイズ - 東京オートサロン

ここから本文です

ロードスター、マツダ3ファストバック、CX-5をちょっとクラシカルなレーサースタイルにカスタマイズ - 東京オートサロン

1月10日(金)~12日(日)に幕張メッセで開催された「東京オートサロン2020」から注目モデルをピックアップ。

CX-30などのクロスオーバーSUVが目立った今年のマツダブースですが、モータースポーツをイメージさせるカスタム車両「モータースポーツスタイル」として展示されていたのが、NR-Aベースのロードスターとマツダ3ファストバック、そしてCX-5の3台。

それぞれ共通のスタイルをまとっていて、青みがかったグレーのボディカラーに白いゼッケンサークルは、昨秋に発表された国際ツーリングカーレース「TCR」規格に準拠したレーシングカー、「マツダ3 TCR」のイメージに沿ったものとなっています。

モータースポーツスタイル専用の特徴としては、サイド下部とフロントバンパーサイド、そしてミラーカバーに入ったレッドのラインとホワイトレタータイヤで、全体的には「マツダ3 TCR」の主戦場となるアメリカのちょっとクラシカルなレーサーのようなイメージと言えるでしょうか。

ロードスターとマツダ3ファストバックの「モータースポーツスタイル」に共通する装備としては、 FUJITSUBO製のステンレスマフラーにはじまり、特別仕様の車高調整式サスペンションとブレーキ、フルバケットタイプのMAZDASPEEDのスポーツシートとフルハーネス6点式のシートベルト、アルカンターラのステアリングとシフトノブなど。MAZDASPEEDの牽引フックなども雰囲気です。

それぞれの専用装備としては、アンダースカートなどのエアロパーツ、リアスポイラー、ストラットバーとロアアームバー、RAYS製のアルミホイールにブリヂストンの「POTENZA RE-71R」の組み合わせなど。ロードスターにはCUSCO製のリヤ4点式+メインアーチ横バーのロールバーも装備されていました。

一方、CX-5の「モータースポーツスタイル」は、MAZDAデザインのエアロ、オートエクゼ製のステンレスマフラー、車高調整式サスペンション、AYS製のアルミホイールにブリヂストンの「ALENZA001」という組み合わせ。サーキットのペースカーにも使えそうなスポーティなスタイルとなっていました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します