サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMWコンセプトi4発表。インパクトのあるフロントグリルの意味

ここから本文です

BMWコンセプトi4発表。インパクトのあるフロントグリルの意味

3月3日、BMWは「コンセプト i4」を発表しました。BMWはブランドの中核に電動化を据えており、コンセプト i4は、2021年に販売が予定されているBMWの4ドアクーペ電気自動車「i4」のコンセプトモデルです。

エクステリアは、長いホイールベース、ファストバックのルーフライン、短いオーバーハングで構成され、まさに4ドアクーペそのもの。空力も考慮され、エアロリップやサイドスカートのモールディング、リアディフューザー、ホイールまで、空気抵抗を低減すべくコンセプト i4専用設計となっています。

中でもインパクトのあるデザインはフロントにそびえ立つキドニーグリル。古くから知られるBMWの伝統的なアイコンですが、エンジンの冷却用の空気取り入れ口という機能から、電動化に伴い安全運転支援や自動運転技術のためのセンサーの集合体である「インテリジェンスパネル」としての機能へ変化しています。少々サイズが大きいように見えますが、伝統と未来は融合し続けていくということでしょうか。

動力性能は、最高出力が530hp、0-100 km/h(0-60 mph)の加速は約4.0秒で最高速度は200 km/h。航続距離は最大600 km(WLTP)の走行が可能となっています。

価格や日本導入については未発表ですが、4ドアで広い居住空間も確保された長距離移動も可能なEVとして、i4が近未来のプレミアムなファーストカーの選択肢になる日もそう遠くはないのかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します