サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 大改良でドイツ御三家に追いついた「レクサス IS」の一押しはFスポーツ。ターボとハイブリッドはどっちがおススメ?

ここから本文です

大改良でドイツ御三家に追いついた「レクサス IS」の一押しはFスポーツ。ターボとハイブリッドはどっちがおススメ?

フルモデルチェンジ級の改良で走りや先進技術はドイツ御三家並みに

「レクサス IS」は、高級車ブランド「レクサス」が2005年8月から販売しているプレミアムスポーツセダン。現在販売されているのは、2013年5月といういささか昔にデビューした2代目のISですが、2020年11月に「フルモデルチェンジに匹敵する」というレベルのビッグマイナーチェンジが行われています。また直近では、2021年9月にIS350/IS300のブレーキフィール改良と、特別仕様車“F SPORT Mode Glitter”が設定されました。

ビッグマイナーチェンジを受けた最新型レクサスISのパワーユニットは、従来どおりの2.5L直4ターボと3.5L V6自然吸気、そして2.5L直4ハイブリッドの3種類。しかし2.5Lハイブリッドはアクセル開度に対するエンジンとモーターの駆動力制御が変更されており、2Lターボは、アクセル開度などから走行環境を判定し、より適切なギアを設定するアダプティブ制御が採用されています。

足まわりでは、コーナリング性能を高めるべく19インチタイヤが新たに採用され、ショックアブソーバーのオイル流路に非着座式バルブを設け、微小な動きに対しても減衰力を発生させる「スウィングバルブショックアブソーバー」も採用されています。

エクステリアデザインは、新開発された小型軽量ランプユニットによる薄型ヘッドランプに加えて、低く構えたグリルまわりなどによって重心の低さを表現。レクサスの象徴である「スピンドルグリル」も、立体的な多面体構造とすることで押し出し感が強調されました。なおボディサイズは全長4710mm×全幅1840mm×全高1435mmですので、マイナーチェンジ前と比べて30mm長く、30mm広く、5mm高くなっています。

運転支援システム「Lexus Safety System+」は、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により「プリクラッシュセーフティ」の対応領域が拡大。昼間の自転車運転者や夜間の歩行者に加えて、新たに交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に対面する横断歩行者の検知も可能になっています。また、ドライバーの操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストする緊急時操舵支援や、低速時の事故予防をサポートする低速時加速抑制などの機能も追加されています。

ビッグマイナーチェンジ後のレクサスISは、レーダークルーズコントロール(※ACCのこと)やレーントレーシングアシスト(LTA)などの機能も強化されました。LTA作動時の白線認識技術にAIを活用することで、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速するようになり、さらには、半径の小さなカーブやトンネル内でも運転支援が途切れないようになっています。

主には以上のような改良が行われたレクサスIS最新世代の走りは、端的に言えば「非常に良好」です。

動力性能や足まわりのタッチなどは、後述するグレードによって異なりますが、そのシャシー性能は総じて「きわめて良好」であり、メルセデス・ベンツやBMWあたりの同クラスと比べても何ら遜色のない走りを、ドライバーは存分に味わうことができます。

次のページ>>デザインやブランド性ならドイツ御三家だが、上質な走りは負けていない



レクサス ISの買取相場

レクサス ISのおすすめグレードやユーザーの評価を見てみる

このページの画像:IS300

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します