サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マッスルカー ダッジ チャージャーとチャレンジャーが2019年モデルへと進化

ここから本文です

マッスルカー ダッジ チャージャーとチャレンジャーが2019年モデルへと進化

米FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は、4ドアセダン「ダッジ チャージャー」および2ドアクーペ「チャレンジャー」の2019年モデルを発表した。

アメリカ独特のマッスルカーとして全米で高い人気を誇るチャージャーとチャレンジャー。SUV全盛の中にあって、2台をあわせた年間販売台数は10年前から70%も増加し、このカテゴリーのベストセラーに5年連続で君臨していることからも、その人気の一端がうかがえる。

今回ダッジは、この地位を不動のものとすべく、各所をリファインした2019年モデルをリリースした。

チャージャーのラインナップはエントリーレベルの「SXT」から、頂点の「SRTヘルキャット」まで6グレードと幅広いが、SXTでもパワーユニットは292馬力を発揮する3.6リッターV6だから十分に力強い。ちなみに、世界一パワフルなセダンとして知られるSRT ヘルキャットは6.2リッターV8スーパーチャージャーユニットから驚異的な707馬力を絞り出す。

今回の年次改良で実施されたリファインは多岐にわたり、SRTヘルキャットとそれに次ぐ485馬力の「R/Tスキャットパック」には、ドラッグレースでおなじみの「バーンアウト」を可能とするラインロック機能(フロントブレーキのみロックし、停止状態で後輪のホイールスピンを可能とする)が装備され、フロントフェイスはより精悍なデザインに進化した。また、中間グレードの「R/T」と「GT」のシャシーは、レースからのフィードバックを活かしたチューンナップを受け、エクステリアもフロントからリアまでパフォーマンスを感じさせるルックスに一新されている。

やはりマニアが惹かれるのはSRTヘルキャットだろう。登場時から市販車で唯一ウィリーが可能など、その尖り方は他に類を見なかったが、今回極太タイヤから白煙を吹き上げるバーンアウトまで可能となった。

一方、チャレンジャーはグレードによりチャージャーよりもパワーが上乗せされ、全8モデルが揃う。エントリーモデルの「SXT」や「GT」は305馬力を発生。6.2リッターV8スーパーチャージャーモデルの「SRTヘルキャット」は717馬力を発生する。

そして新たに設定された、さらなる超ド級モデルの「SRTヘルキャット レッドアイ」に至っては、なんと797馬力を発生。パワーアップに伴い、各部の強化も行っている。

公表された性能データによると、0-60マイル(96km/h)加速は3.4秒、最高速度は203mph(約325km/h)に達し、マッスルカー史上最強のパワーを手にしている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します