サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 新型911 GT3を一足先に取材。スワンネック形状のウイングを採用した理由とは?

ここから本文です

新型911 GT3を一足先に取材。スワンネック形状のウイングを採用した理由とは?

レーシングモデルから80%に及ぶパーツを移植

ポルシェ964型の時代まで「911 RS」の名称で販売してきたロードゴーイング・レーシングモデルを、1999年に水冷化された996型から「911 GT3」に変更した。目玉焼きヘッドライトで揶揄された996型だが、GT3は排気量3.6リッターで最高出力360PSを発生。テストドライバーのワルター・レールがニュルブルクリンクで量産スポーツカーとして初めて8分を切ったのが話題になった。

以来、GT3は996-II、997-I、997-II、991-I、991-IIと各世代ごとに2台が誕生し、今回はタイプ992にとって初めてとなる「911 GT3(992-I)」が7世代目として発表された。

私は幸運な事にフォトデビューに先駆けてシュトゥットガルトのポルシェ博物館地下にあるシークレットスタジオで新型GT3に対面することができた。

エスコートしてくれたのはGTラインの開発を担当するアンドレアス・プロイニンガー氏だ。「開発はポルシェ・モータースポーツ部門と911量産チームが共同で行い、これまでになかったほどのレーシングテクノロジーが、この量産ストリートモデルに注ぎ込まれました。レーシングモデルから移植したパーツは80%にも及びます」と彼は説明する。

シャーク・ブルー(あるいはインディッシュ・レッド)のボディはカーボンファイバー強化プラスチック製のフロントボンネット、ルーフ、リアウイングなどの空力パーツ、レース用特殊ウィンドシールドなどで軽量化されている。

さらにPCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキ)、スポーツエグゾーストシステムなどの軽量パーツが採用され、空車重量はワイドになったボディにもかかわらず旧GT3とほぼ同じレベルの1418kgに収まっている(6速MT、※PDK 搭載モデルは1435kg)。タイヤサイズは255 /35 ZR20(前)、315 / 30 ZR21(後)となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します