サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.7「あの時やり残したこと」

ここから本文です

【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.7「あの時やり残したこと」

【クルマ小説】僕は新人トップセールス vol.7「あの時やり残したこと」

僕はセルシオがあまり好きじゃなかった

初代セルシオはメルセデスやBMW、ジャガー等をうならせるほどの素晴らしい出来で、それがイヤだった。それよりも、ちょっとくらい商品力が落ちてもインフィニティQ45のあのアウトローな感じの方が僕にはしっくりきた。直球より変化球の方が僕には合っている。

僕は平成12年頃に中古車屋のニイチャンを1年くらいやっていた。中古車店に雇ってもらってから店の主力商品であるセルシオに実際に触れてみると、じつに完成度が高く、しかも日本人のどこか控えめで清らかな精神にそっと寄り添う、そんな奥ゆかしさが感じられる出来にはとても感心させられた。欧州車と比べて走りの良さもあり、これはこれでひとつのキャラクターになっている。特に2代目後期、UCF20系セルシオは自信を持ってお客様にお勧めできる。そう思った。

しかし、僕には売れなかった。

2000年当時、20セルシオのビカモノ(内外装ともに極上の物件)の中古車を買いに来るお客様と、今セルシオを買いに来るタイプのお客様というのは全然違った。2000年の前半までは20セルシオはかろうじて現行モデルだったから、新車の20セルシオと比較する人も少なくなかったし、この年の後半に登場する30セルシオが肥大化するという噂を聞いて、こちらを選ぶというタイプの方もいた。

そして最も特徴的なのは、シビアで厳しいお客様が非常に多かったということだ。シッカリとした社会的地位と肩書きがあり、僕としては避けているわけじゃないのに商談をまとめられないタイプのお客様。そういう厳しい方々のお車をお世話できるようになって、初めてクルマ屋としては一人前だ。僕はそういう意味ではずっと半人前だったかもしれない。

セルシオの商談で最初にお相手したのは、市役所にお勤めの係長、市川さんだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します