サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > 来春登場する次期Aクラスは超ワイド画面やマッサージシートを装備する

ここから本文です

来春登場する次期Aクラスは超ワイド画面やマッサージシートを装備する

来春登場する次期Aクラスは超ワイド画面やマッサージシートを装備する

次期Aクラス予想イラスト

第2世代MFAプラットフォームで室内空間が拡大

寄り道はこれくらいで、本題に戻ろう。ワークショップでまず明らかになったのは「MFA2」(2世代目のメルセデスのFFモジュラー・プラットフォーム)をベースにした、室内各部の空間拡大である。まずショルダー・ルームは前席が+9mm、後席が+22mm、肘幅は同じく前+35mmと後+36mm、ヘッドルームは前+7mmと後+8mmにそれぞれが広がっている。またトランクルームは現行モデルよりも29L増えて370Lが確保されている。また開口部は2分割されたテールライトのお陰で20cmワイドになった。加えてトランク床の長さも11.5cm伸びている。更にドアポケットには1.5Lのペットボトルが収納可能なポケットまで用意されている。

残念ながら今回、我々が遭遇した次期Aクラス(W177)は完璧にカムフラージュされ、さらには真っ暗な部屋に置かれていたためにデザインは推測するしかないが、数々のスクープ写真から判るように斜めに吊り上がった鋭角的な異型ヘッドライトの採用によってフロントの印象が現行モデルよりもずっとシャープになっている。

またボディサイドは上部のプレスラインがキャンセルされ、ワイドでスッキリした印象を与えている。スッキリと言えばA、BそしてCピラーがそれぞれ細くなり、さらにAピラーの根元を独占していたサイドミラーのステーがドアパネルに移動したことなどによってドライバーシートからの死角は10%減少している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します