サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > スバルの目玉はガチのEVレーシングカー! WRX S4、レヴォーグ、BRZのSTIコンセプト、カスタマイズモデルも展示【東京オートサロン2022】

ここから本文です

スバルの目玉はガチのEVレーシングカー! WRX S4、レヴォーグ、BRZのSTIコンセプト、カスタマイズモデルも展示【東京オートサロン2022】

STI E-RA コンセプト(世界初公開)(参考出品車)

スバルブースのメインは「STI E-RA コンセプト」。これはスバルテクニカインターナショナル(STI)が地球温暖化対策を主としたカーボンニュートラルな時代にモータースポーツの世界で新しい技術の経験と修練を積むことを目的とした、STI近未来モータースポーツ スタディプロジェクト 「STI E-RA チャレンジ プロジェクト」から生まれたコンセプトカー。

2022年に国内サーキットでテストを重ねたのち、2023年以降にニュルブルクリンクサーキットで400秒(6分40秒)切りが最初の目標。システム出力1088psという、独自開発の4モーター4輪トルクベクタリング技術で制御する。

搭載するモーターはヤマハ発動機より供給されるハイパーEV向けギア、インバーター一体式の高回転高出力タイプを採用し、蓄電量60kWhのリチウムイオンバッテリーで駆動。トルクベクタリング制御は4輪それぞれのグリップ限界までバランスを均等化させ、グリップレベルを最大限に引き上げつつ車体の姿勢を安定させ、ドライバーが走りの愉しさを味わえる走りを実現している。

WRX S4 STI パフォーマンス コンセプト(参考出品車)

昨年11月末に発表されたばかりの「WRX S4」のコンセプトカー「WRX S4 STI performance CONCEPT」。「STI Sport R」グレードをベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツを装着し、カーボンリヤスポイラーやパフォーマンスマフラーを装備している。AT仕様のS4だが、このまま「S4 STI」として発売されそうな仕上がりだ。

レヴォーグ STI パフォーマンス コンセプト(参考出品車)

「レヴォーグ STI パフォーマンス コンセプト」は、レヴォーグ STI Sport Rグレードをベースに、チェリーレッドのアンダースポイラーなどのSTIパフォーマンスパーツやワゴンならで使い勝手を向上させるアイテムを装着。さらに、パフォーマンスマフラーを特別装備しユーティリティとパフォーマンス性能を両立させたコンセプトモデルだ。

ソルテラ STI コンセプト(参考出品車)
スバル初の EV 「ソルテラ」に STIパーツを装着したコンセプトモデル。
BRZ STI パフォーマンス(カスタマイズモデル)

「BRZ」の「S」グレードをベースに、STIパフォーマンスパーツを装着し、随所にチェリーレッド装飾を施したカスタマイズモデル。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します