サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型ウィッシュが登場 全車にバルブマチック!

ここから本文です

新型ウィッシュが登場 全車にバルブマチック!

■初のフルモデルチェンジ

トヨタの3列ミニバン「ウィッシュ」が、2003年のデビューから初めてのフルモデルチェンジを受けた。ウィッシュはかつて、フィットやカローラを抜いて“日本で一番売れているクルマ”になったこともある実力派ミニバン。新型の開発テーマは“スマート・マルチプレイヤー”で、クルマは元気で楽しくなければならないという想いから、サーキットでのテスト走行も精力的に繰り返したという。つまり家族を乗せてゆったり流すだけではなく、その気になればワインディングもこなすスポーティさにも磨きをかけたということだ。

■扱いやすい5ナンバー、迫力エアロの3ナンバー

新型ウィッシュでは5ナンバーの「1.8X」と「2.0G」を“標準ボディ”、3ナンバーの売れ筋「1.8S」を“エアロボディ”、3ナンバーでスポーティグレードの「2.0Z」を“ワイドエアロボディ”と位置づけて、グレード毎のキャラクターを明確化。全幅はそれぞれ1695mm、1720mm、1745mmで、エアロバンパーなどを装着したスポーティグレードになればなるほどワイドトレッドの迫力&スポーティなスタイルになる。また30mm延長されたフロントオーバーハングやブラックアウト化したセンターピラーなどの効果で、先代よりも伸びやかなサイドラインを手に入れた。

インテリアも、グレード毎の個性をさりげなく主張。2眼メーターの外周リングは「2.0Z」「2.0G」にクロームメッキ、「1.8S」「1.8X」にシルバーを奢り、「2.0Z」では“ダイナミックスポーツモード(後述)”走行時に文字盤がレッドに点灯する。ステアリングホイールやシフトノブなどの素材やステッチの色もそれぞれ異なる。またインパネやシート類の質感や座り心地なども向上されたほか、チルト&テレスコ付きステアリングや3列目シートの左右独立リクライニング機能などが追加されたところも見逃せない。シートアレンジがワンタッチで楽々こなせる使い勝手の良さは、さすがにトヨタと言ったところだ。

■バルブマチック付きエンジンを全車に

2.0リッターと1.8リッターのすべての搭載エンジンは、吸排気のバルブタイミングをコントロールするデュアルVVT-iと連続可変バルブリフト機構を組み合わせた“バルブマチック”を搭載。2.0リッターはすでにノア/ヴォクシーで採用されている3ZR-FAE(158ps/20.0kg-m)、1.8リッターは国内初登場の2ZR-FAE(144ps/17.9kg-m)を採用して、燃焼効率を高めるとともに低燃費を狙った。1.8リッターは従来型の1ZZ-FEと比較すると、12ps/0.6kg-mのパワーアップを果たしながら、10・15モード燃費も14.4km/Lから16.0km/Lに向上させている(ちなみに2.0リッターは15.2km/L)。

■全車にCVT搭載。走行モードでキャラ分け

トランスミッションは全グレードで、7速シーケンシャルシフト付きのCVTを搭載。「2.0Z」と「1.8S」はステアリングにパドルシフトが備わり、「1.8S」は加減速の応答性を高める“CVTスポーツモード”、「2.0Z」ではCVTに加え、TRC(トラクションコントロール)やEPS(電動パワステ)の制御もスポーツモードになる“ダイナミックスポーツモード”を採用している。その一方、「2.0Z」を除くグレードに“エコモード”を採用することで実燃費の向上も図った。また2.0リッターモデルには、クルーズコントロールも標準で装備する。

■グレード・価格

「1.8X」…184万円(FF)、203万9500円(4WD)
「1.8S」…209万円(FF)、227万9千円(4WD)
「2.0G」…226万円(FF)
「2.0Z」…248万円(FF)

※写真は、グレイッシュティールメタリック(水色)=「1.8S」、ダークブルーマイカ(濃紺)=「2.0G」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します