サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 独フォルクスワーゲン、プラグインハイブリッド仕様の大型SUV「トゥアレグ」を初披露

ここから本文です

独フォルクスワーゲン、プラグインハイブリッド仕様の大型SUV「トゥアレグ」を初披露

独フォルクスワーゲンは3月3日、大型SUV「トゥアレグ」のトップグレードとして、プラグインハイブリッド(PHEV)の「R」を設定し、中止となったジュネーブ・モーターショーに代わり配信されたインターネット動画上で発表した。

トゥアレグRはスポーティライン「R」初のPHEVとなる。パワーユニットは、単体で340hpを発生するV型6気筒3リッターガソリンターボエンジンに、136馬力のモーターを組み合わせ、システム全体では最高出力462hp、最大トルク700Nmに達する。

組み合わされるトランスミッションは8速ATで、4MOTIONと呼ばれるフルタイムAWDにより4輪を駆動。このカテゴリーで重視される牽引能力も3.5トンと強力だ。トゥアレグRの登場により、メーカー史上初めてPHEVがラインナップで最もパワフルなモデルとなり、電動化へのパラダイムシフトがいよいよ本格化したといえそうだ。

もちろん、14.1kWhと余裕あるサイズのリチウムイオンバッテリーを積むPHEVだけに、日常的なドライブはピュアEVとして使用可能。さらに、モーターのみの「E-MODE」でも時速140km/hまで走行できるなど、パワーだけでなく効率性の観点からもアピールは万全だ。また、フォルクスワーゲンが開発中の自動運転技術「IQ.DRIVE」からフィードバックを受けたというドライビングアシストシステムは、最高250km/hという高速域まで対応可能な最新バージョンで、アウトバーンでも使える実用性を備えているようだ。

エクステリアはRの文法に則り、派手なデコレーションを排したもの。もっとも、各所をダークカラーで引き締めたブラックスタイルエクステリアパッケージや、20インチアロイホイールなどが、秘めた性能をさりげなく訴えかける。

トゥアレグRの欧州での売販開始は本年下半期とのことだが、3代目の国内再導入と合わせて、ぜひ日本での展開を期待したい。

【 フォルクスワーゲン トゥアレグのその他の情報 】
フォルクスワーゲン トゥアレグの中古車一覧
フォルクスワーゲン トゥアレグの買取相場

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します