サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 飼いならされていないMINI クロスオーバー!? 特別仕様車アンテイムド エディション発売

ここから本文です

飼いならされていないMINI クロスオーバー!? 特別仕様車アンテイムド エディション発売

>>MINI クロスオーバーの詳細はこちら
>>MINI クロスオーバー ハイブリッドの詳細はこちら

アンテイムド=飼いならされていない

ビー・エム・ダブリューは、特別仕様車「MINI Crosover Untamed Edition(MINI クロスオーバー アンテイムド エディション)」を発売した。納車は6月以降を予定。

MINI クロスオーバーは、2011年にミニの4番目のモデルとして登場。2017年に二代目となり、2020年9月にマイナーチェンジを実施し、主にエクステリアデザインを変更し、あわせて機能性も向上させている。

「アンテイムド」とは“飼いならされていない、抑制されていない”という意味で「飼いならせない遊び心」がこのモデルのテーマとなっている。

クリーン ディーゼルを搭載したMINI クーパー D クロスオーバー/MINI クーパー SD クロスオーバー ALL4に加え、MINI初となる電気での走行が可能なプラグイン ハイブリッドモデルのMINI クーパー SE クロスオーバー ALL4をベースに、専用のボディカラーや装備を充実させた特別仕様車だ。

>>MINI クロスオーバーの詳細はこちら
>>MINI クロスオーバー ハイブリッドの詳細はこちら

アンテイムド専用ボディカラーと加飾に注目

エクステリアは、専用ボディカラーとなる「モメンタムグレー」に、ブラックルーフを採用し、ピアノブラックのパーツを随所に取り入れると共に、MINIエンブレム、エアインテーク、アンダーガードなどの加飾パーツを、ボディカラーに統一することで、落ち着きあるモノトーンとしている。18インチ2トーンカラーのホイールはUntamed専用に開発され、サイドに施されたフローズンブルーストーンの大胆なデザインのストライプとMINI ALL4エクステリアが、パワフルなSUVらしさを表現している。

インテリアはブルーとグリーンを基調として、運転席メモリー機能付の電動シートとシートヒーターを備えたMINI Yoursレザーラウンジシートとドアのアームレスト部分を専用色ハイランドグリーンで統一。アンテイムド専用インテリアサーフェス(ダッシュボードやドアの内側の加飾)は、フローズンブルー塗装にアンテイムドのロゴが浮かび上がる特別仕様で、カスタマイズ可能なアンビエントライトを備えている。

ナッパレザーを用いたステアリングのスポーク下部にはアンテイムドエンブレムを配し、専用デザインのドアシルプレートやフロアマットなど、各所にアンテイムド専用デザインが施される。

安全装備と運転支援は、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ、レーンディパーチャーウォーニング機能を標準装備。また、クルーズコントロール、パークディスタンスコントロール(フロント&リア)や縦列駐車をサポートするパーキングアシストパッケージなども装備している。

さらに、アップルカープレイでiPhoneをMINIのセンターディスプレイに表示し、タッチ操作でグーグルマップやiPhone純正マップの使用、電話やメッセージの送受信などが可能。またMINI APP接続など、コミュニケーション機能も多数装備している。

<価格>

MINI クーパー D クロスオーバー アンテイムド エディション:494万円
MINI クーパー SD クロスオーバー ALL4 アンテイムド エディション:553万円
MINI クーパー SE クロスオーバー ALL4 アンテイムド エディション:553万円

<終わり>

>>MINI クロスオーバーの詳細はこちら
>>MINI クロスオーバー ハイブリッドの詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します