サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 魅力は希少性? ホンダ最新の技術を備え高級車化したアコードを解説する

ここから本文です

魅力は希少性? ホンダ最新の技術を備え高級車化したアコードを解説する

>>ホンダ アコードの詳細はこちら

新開発の「アダプティブ・ダンパー・システム」を採用

ホンダ「アコード」は、ホンダが1976年から販売を続けているミドルクラスの乗用車。とはいえ、かつては小さな車だった「シビック」がミドルクラスへと移行した関係で、近年のアコードは「アッパーミドルクラス」に属する一台に変化しています。

現在販売されているのは2020年2月に発売された10代目のアコードで、低重心な新型プラットフォームに、2モーター式ハイブリッドシステムとファストバックスタイル(ルーフラインがなだらかに傾斜していくスタイル)のセダンボディを組み合わせています。

ボディサイズは、主に北米と中国でバカ売れしている車種だけあって、全長4900mm×全幅1860mm×全高1450mmというなかなかのサイズ。Aピラー(フロントの柱)を後方に移動するなどして伸びやかなスタイリングを実現し、ボディサイズの分だけ室内空間も広大。ちなみに573Lというトランク容量は、ハイブリッドセダンとしては世界最大です。

ブラックのほかにアイボリーも選べるインテリアは「コンサートホールをイメージした」という上質な空間。操作系の手触りの良さや見やすさにもこだわった仕上がりで、本革シートを含むレザーインテリアが標準装備です。

>>ホンダ アコードの詳細はこちら

日本仕様のパワーユニットはハイブリッドのみ。最高出力145psの2.0L直列4気筒エンジンは主に発電に徹し、幅広い領域をモーターのみで走るという2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」が採用されています。

そして前後のサスペンションは新開発されたもので、4つの車輪ごとの回転速度や車両挙動などをリアルタイムに検知し、1/500秒単位で最適な減衰力を算出する「アダプティブ・ダンパー・システム」を採用。シーンに合わせてドライブモード(スポーツ/ノーマル/コンフォート)を切り替えることで、スポーティなハンドリングと快適な乗り心地の両立が可能になっています。

ちなみにWLTCモード燃費も22.8km/Lということで、このクラスのセダンとしては優秀だといえるでしょう。

そのほかでは、道路の継ぎ目を越える際などに起こる不快なロードノイズを低減し、静粛性を高めるという「18インチ ノイズリデューシングアルミホイール」や、3つのオーディオスピーカーから車内騒音とは逆位相の音を出すことでノイズをキャンセルする「アクティブノイズコントロール(ANC)」も、現行型アコードの“高級車”といえる部分を支えています。

そして衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなどがセットになった運転支援システム「Honda SENSING」は、当然ながら最新バージョンが標準装備です。

>>ホンダ アコードの詳細はこちら

次のページ>>巨大マーケットの北米ではガチンコのカムリと比べると?

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら