サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > TNGAボディで驚きの走りを得たカローラツーリングの懸念点は静粛性かもしれない

ここから本文です

TNGAボディで驚きの走りを得たカローラツーリングの懸念点は静粛性かもしれない

ジャストサイズの国内向けワゴン

※2020年3月11日取材

昨年秋に発売されたトヨタの新型「カローラツーリング」に編集が試乗しました。登録車の月販ランキングによると、2020年1月はツーリングのみで4050台、カローラシリーズ全体で「ライズ」に続く2位の約8400台、2月はツーリングのみで4560台、シリーズ全体では順位を3位に下げたものの約9800台と好調です。

引き続き現行モデルとして販売されるワゴンモデルの「カローラフィールダー」(こちらは現在月1000台前後を販売)からやや大きくなり、高級感を増したカローラツーリングのサイズは、全長4495×全幅1745×全高1460mm、ホイールベース2640mm。国産車にワゴンボディが少ない現状だと、少し上のクラスに「スバル レヴォーグ」が、下のクラスにフィールダーや「ホンダ シャトル」がいる程度で、ジャストサイズの希少な国内向けワゴンという立ち位置は変わりません。

試乗したのは「ハイブリッド W×B」(279万9500円)という17インチホイールや合皮シートが奢られた豪華グレード。前席ではシートの快適なホールド性や視界の良さを感じます。ダッシュボードが高めでボンネット先端はほぼ見えませんが、コンパクトなボディサイズで視界も良く、取り回し性は良好。エアコンの操作系やステアリング周りのスイッチの操作性も悪くありません。これでデザインが「マツダ3」や「ホンダ フィット」のように垢抜けると、さらに評価は高まりそうです。

後席にも大人がきちんと座ることができます。頭上の余裕は身長170cmの編集で拳一つほどなのと、サイドガラスが目線に対して低めの位置にあるため、閉鎖感はありますが、長距離ドライブでも我慢できそう。また、荷室は横幅が狭いものの、ワゴンならではの奥行きがあり、2段切り替えの床ボードは表裏で用途が変えられるなど、使い勝手はまずまずではないでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します