サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > スクープ > ライバルはゴルフGTI。新たなスポーツグレード「128ti」はBMWのスポーツ精神がフィルターなしに味わえる

ここから本文です

ライバルはゴルフGTI。新たなスポーツグレード「128ti」はBMWのスポーツ精神がフィルターなしに味わえる

ゴルフGTIに相当する1シリーズのスポーツグレード

日本で販売されている「BMW 1シリーズ」(F40)を見るとエントリーモデルのガソリン仕様「118i」(140PS、334万円)、ディーゼル仕様の「118d」(150PS、385万円)の上はいきなり「M135 xDrive」(320馬力、633万円)となっており、その間にたとえば「VW ゴルフGTI」(245PS、424万円)に相当するモデルは存在しない。

実はドイツも同じような事情で、この間を埋めるモデルが渇望されていた。そこでBMWが新たにドイツで発売したのが「128ti」だ。

BMWファンであれば“ti”と聞けば1968年に登場した「2002ti」を思い浮かべるはずである。「ti」の意味するところは「トゥリズモ インテルナツィオナーレ」すなわち「国境を越えてのツーリング」であった。当時は(そして今も)、ドイツではイタリア語の方が響きが良く、様々な商品名、特にクルマの名称に広く使われていたのだ。

当時のtiは2基のソレックス ダブルチョーク キャブレターを装備し、シングルキャブの2002(100PS)とインジェクション(130PS)の中間である120PSを発生、最高速度185km/hを誇った。実はレポーターはドイツ滞在時に69年式に乗っており、文字通りヨーロッパ中を走り回ったのちに、日本に持ち帰った。当時はスーパーカーブームで何度もエンブレムを取られそうになったのは懐かしい思い出である。

今回発表された128tiに用意されているエンジンは「M135i xDrive」に搭載されている2L 4気筒(開発コードB48)ツインスクロール・シングルターボで、基本的には同一だが最高出力は265PS、最大トルクは400Nmとへとデテューンされている。トランスミッションは8速ステップトロニック(トルコンAT)のみでMTは用意されない。

スポーツモデル専用のブラックアウトされたキドニーグリル、バンパー下に広がるワイドな開口部はM135iを彷彿させるが、左右のエアカーテン用インテークにはオレンジのアクセントが入る。このアクセントはtiのロゴを従えたサイドシル、リアスカート両脇のアウトレットにも入り、ディフューザーの左右に直径90mmのエグゾーストパイプが並ぶ。

標準装備のタイヤは前後共に225/40R18で、通常ならばミシュランのパイロット スポーツ4も選択可能だが、まだ冬が明けないドイツゆえにテスト車にはコンチネンタルのウィンターラジアルが装着されていた。オプションでは235/35R19も装着可能である。ブレーキはMスポーツから移植された真っ赤なキャリパーをもつベンチレーテッドディスク(360mm/300mm)が標準で用意されている。

インテリアは赤いステッチの入ったMデザインのステアリングホイール、シートそしてセンターコンソールにもtiの文字が並ぶ。コンソール上のスターターボタンを押してB48ユニットを目覚めさせ、まずはDレンジでスタートする。空車重量は4WDのトップモデルよりも80kg軽い1445kg(DIN)でクイックなダッシュを見せる。メーカーの公表値では0-100km/hは6.1秒、最高速度は250km/hでリミッターが介入する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します