サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型ホンダ ヴェゼルが初公開される。内外装の雰囲気がガラリと変わってスタイル重視ユーザーも獲得しそう

ここから本文です

新型ホンダ ヴェゼルが初公開される。内外装の雰囲気がガラリと変わってスタイル重視ユーザーも獲得しそう

ガラリと雰囲気を変えた外装と内装

2021年2月18日、ホンダがフルモデルチェンジ予定のコンパクトSUV「ヴェゼル(VEZEL)」を初公開しました。スペックや価格などの詳細情報は4月発表ですが、今回発表された情報を見ていきましょう。

外装は細いルーバーを幾重にも重ねたボディ同色のグリル、水平基調のグラスエリアやルーフラインやテールランプなどの採用で、初代から大きく雰囲気を変えました。現行型のイメージから新型をヴェゼルと認識するのは難しいほどで、今回はライフスタイル寄りのユーザーも獲得しそうです。

内装もダッシュボードのデザインなどが水平基調になり、全体にスッキリと整理された印象。また、現行型のATセレクターはレバーのような小型のものでしたが、新型はより一般的なATセレクターに変更。大開口のパノラマルーフ(タイプ別設定)、エアコン吹き出し口、高音質が謳われるオーディオ(タイプ別設定)などにも注目です。

モーター走行が主体の、フィットと同じハイブリッドを採用

パワートレーンは1.5LガソリンエンジンにCVTの組み合わせと、1.5Lガソリンエンジンに2モーターを組み合わせたフィットと共通のハイブリッド(e:HEV)の2種類を設定。

販売の主力となるのは刷新された2モーターハイブリッドで、1モーターにDCT(トランスミッション)を組み合わせた現行型とは異なり、基本的にエンジンは発電に徹して、多くのシーンでモーターのみで走行する、日産のe-POWERなどに近いシステムになっています。(※強い加速や高速道路のクルーズではエンジンを駆動に使用)

先進安全装備も充実、ACCは全車速対応に

先進安全装備(ホンダセンシング)では広角カメラや画像処理チップが最新のものとなり、踏み間違いによる衝突を軽減する後方誤発進抑制機能や近距離衝突軽減ブレーキ(前後)、渋滞追従機能付ACC(現行型は30km/h以上で作動)、オートハイビームなどが追加されました。駐車時などに自車を俯瞰で見られるマルチビューカメラシステムや、サイドミラーの死角をカバーするブラインドスポットインフォメーションも追加されています。

また、標準装備される車載通信機によって、自動地図更新サービス、スマホがキー代わりになる機能、車内Wi-Fi、リモート操作などにも対応します。

グレード構成はハイブリッドが装備の充実した「Z」、Zをベースにツートーンのボディカラーと専用装備を採用する「PLaY」、ベーシックな「X」の3種類、ガソリンは装備の充実した「G」のみの設定。全車フルLEDヘッドライトが標準装備で、PLaY以外は、FFのほかに4WDも設定されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します