サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 美しきSUV「ヴェラール」に試乗。インパクトをもたらす4つの理由とは?

ここから本文です

美しきSUV「ヴェラール」に試乗。インパクトをもたらす4つの理由とは?

プレミアムSUV界をざわつかせる美しきニューカマー

レンジローバー第4のモデル、ヴェラール。このクルマを見て心中穏やかでなくなる人は多いだろう。フラッグシップである「レンジローバー」に乗っている人は、さすがにそれほどでもないと思う。けれど「レンジローバー・スポーツ」や、同門である「ジャガー F-PACE」のオーナーにとってはかなり気になる存在だろうし、699万円スタートという価格を見れば「レンジローバー・イヴォーク」のオーナーだって、おっ!と思うに違いない。さらに言うなら、ドイツのプレミアムSUV、レクサスRX、マセラティ・レヴァンテなどなど、プレミアムSUVのオーナー、あるいは購入検討層にとって、ヴェラールは強烈なインパクトを与えるはずだ。

ヴェラールのなにがそれほどのインパクトを感じさせるのか。理由はいくつかあるが、第1に「レンジローバー」であること。プレミアムSUVという、今をときめくジャンルを創造したのは他ならぬレンジローバーであり、長きにわたって「オフロード界のロールス・ロイス」と呼ばれてきた。その歴史の厚みとブランド価値は他にはちょっとマネできない。

第2に、そのレンジローバーが放つブランニューモデルであり、なおかつサイズ的に手頃感があること。全長4820×全幅1930×全高1665mmというサイズは、兄貴分にあたるレンジローバー・スポーツの4855×1985×1800mmよりひとまわり小さい。まあ、そうはいっても全幅1900mm超えだから、市街地で気軽にスイスイ転がせるわけでも、駐車場を選ばないわけでもない。できれば全幅は1900mmを切って欲しかった。けれど、レンジローバー・スポーツと比べればかなりマシであるのも事実であり、「不便を感じないといえば嘘になるが、都内でもなんとか使えるギリギリのサイズ。ただし自宅駐車場に収まれば」という表現なら使ってもバチは当たらないだろう。

第3に699万円~という価格。ただしこれにはマジックがあって、多くの装備がオプション扱いになっている。ランドローバーのホームページにあるコンフィギュレーターでオプションを選んでいくと、100万円、できれば150万円程度のオプションが欲しくなることがわかった。つまり、もっとも安い2L直4ディーゼル(180ps)仕様を選んでも、乗り出し価格は800万円を軽く超えてくるということだ。数多くのオプションを組み合わせ、自分だけの一台をオーダーメイドで創りあげるのはプレミアムカーならではの楽しみだが、納期とオプション価格は覚悟しておいたほうがいい。ただし、金額はともかく、そんなに待てないよという人には、人気の高いオプションをあらかじめ組み込んだ在庫用グレードも用意している。今回試乗したファーストエディションもそのうちのひとつで、もっとも強力な3LV6スーパーチャージャーエンジン(380ps)に加え、ありとあらゆるアイテムを標準装着していることもあり、価格は素の最廉価グレードの2倍を超える1526万円に達する。

そして第4の理由は、次のページから述べるように、決して安くない価格を納得させられるだけの実力を備えていることだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します