サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 近未来のクルマが続々。米国最大の家電ショーCESからレポート

ここから本文です

近未来のクルマが続々。米国最大の家電ショーCESからレポート

毎年正月に北米ラスベガス・コンベンション・センターを中心に開かれるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2017。家電ショーとして50年の歴史をもち、過去にVTR、ファミコン、CD、レーザーディスク、Xboxなど、数々の電化製品がお披露目された。ここ数年は自動車の電化、自動運転化が著しいこともあってか、自動車メーカーの出展が相次ぎ、一部はモーターショーの様相を呈していると事前に聞いていたが、その通りだった。気になった自動車関連ブースを紹介していく。

ファラデー・フューチャー

まず訪れたのは、1月2日のコラムでも触れたファラデー・フューチャー。プレスカンファレンスから数時間たっても人がまったく減らないのは、同社初の市販車「FF91(「エフエフナインワン」)」が展示されているからだ。車名の「9」は一番大きな数字であり、フラッグシップを意味する。今後、下のクラスにモデルを出す場合には「81」とか「61」という車名を用いるという。「1」は最初のクルマという意味。モデルチェンジすれば92となるということらしい。

VPA(バリアブル・プラットフォーム・アーキテクチャー)に載るボディは、外寸が発表されていないものの、かなりロングホイールベースの大型クロスオーバーだ。Cd値0.25、最高出力1050ps、バッテリー容量130kWh(20分で80%充電可能)、航続距離378マイル(608km)以上と派手なスペックが並ぶ。4WDで4WSだ。ブースにいた営業のジョセフ・ツべグナー氏に「テスラを意識してますね」と話しかけると、即座に「テスラより動力性能が上回っているにもかかわらず、より広いスペースがあります」と返ってきた。テスラ関連の想定問答は完璧なのだろう。発売は2018年。現在はアメリカと中国のみで予約受け付け中。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します