サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > マツダが新型コンパクトSUV「CX-30」を発表。次世代ボディを採用したCX-3のファミリー版

ここから本文です

マツダが新型コンパクトSUV「CX-30」を発表。次世代ボディを採用したCX-3のファミリー版

CX-3より後席が広がったファミリーモデル

マツダがジュネーブショーで新型SUVの「CX-30(シーエックス サーティー)」を発表しました。同社にとっては「CX-3」に続く2番目のコンパクトクロスオーバーSUV。しかも、名前の数字は「CX-3」の“3”から1桁増えて“30”に。少し謎な感じですが、モデル名についての説明はありません。

ボディサイズを見てみましょう。※WBはホイールベース
==========
CX-30 全長4395×全幅1795×全高1540 WB2655mm
CX-3  全長4275×全幅1765×全高1540 WB2570mm
CX-5  全長4545×全幅1840×全高1690 WB2700mm
==========

乱暴に言うとCX-3と全高は同じ、全長とホイールベースを10cm前後伸ばして後席空間を増やしたファミリー向けのイメージでしょうか。リリースにも大人4人がゆったりと座れるとある通り、前席が優先されたCX-3の後継ではないようです。ラゲッジも450Lと、350LのCX-3と比べると実用性高め。ちなみに最低地上高はCX-30が175mm、CX-3が160mm、CX-5が210mmという具合です。

マツダ3に続く新世代ボディ採用の第2弾

一方、内外装デザインは、同じ新世代車両構造技術のSKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ ビークル アーキテクチャー)を採用する新世代ハッチバックの「マツダ3」に共通点を感じます。フォグやサイドグリルを排したフロント周りはCX-3よりクリーンで流麗になり、塊り感やワイド感が演出されたCピラーやテールライトもマツダ3似に。大型のコマンドダイヤルや8.8インチのセンターディスプレイを採用したインテリアも同様です。より需要の見込めるファミリー向けのCX-30が、次期型CX-3に先行する形でお目見えしたという見方もできそうですね。

欧州仕様の搭載エンジンは2.0Lガソリン直噴、1.8Lディーゼル、スカイアクティブXの3種類で、6速ATと6速MTが用意されます。また、i-ACTIV AWDやG-ベクタリング コントロール プラス、先進安全装備ではドライバーのまばたきの頻度や顔の向きなどから居眠りを、視線の方向や動きから脇見を検知するドライバーモニタリングと、マツダ3に採用された先進技術も搭載されます。

というわけでサプライズ気味に登場した新型コンパクトクロスオーバーのCX-30。価格や日本導入時期など、今後の情報にも注目ですね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します