サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 独BMW、8シリーズグランクーペを発表 ボディを約230mm延長した4ドア仕様

ここから本文です

独BMW、8シリーズグランクーペを発表 ボディを約230mm延長した4ドア仕様

独BMWは6月19日、フラッグシップクーペ「8シリーズ」のラインアップに、4ドア仕様の「8シリーズグランクーペ」を追加し、9月から販売を開始すると発表した。

今回登場した8シリーズグランクーペは、8シリーズクーペの全長を延長し、リアドアを追加することで、室内スペースを拡大した4ドアモデル。当初からラインナップに加える前提で開発されており、2ドアモデルより全長が231mm延長されているにもかかわらず、まったく違和感のないスタイリングとなっている。

クーペでは主に手荷物のためのスペースだったリアシートは、ショルダールーム、ヘッドルームともに大きく拡大され、ロングドライブに対応する空間に生まれ変わっている。一方、シートはヘッドレスト一体型のスポーティなデザインとされ、ドライバーズサルーンであることを意識させる。グランクーペだけの装備も多岐にわたり、広大なグラスエリアを持つパノラミックグラスルーフを始め、4ゾーンクライメートコントロールや後席サンブラインドなどが用意される。

もちろんボディが延長されても、スポーツカーを志向する8シリーズの本質は不変。その証左にグランクーペでも引き締められたアダプティブMサスペンションが標準となり、ガソリンモデルはMスポーツディファレンシャルまで装備。さらにスポーティな仕上げを好む向きには、専用のエアロパーツやホイールからなるMスポーツパッケージも設定される。

パワーユニットは、「840i グランクーペ」および「840i xDrive グランクーペ」が3.0リッター直列6気筒ガソリン(340ps/500Nm)、「840d xDrive グランクーペ」が3.0リッター直列6気筒ディーゼル(320ps/680Nm)、そしてトップモデルの「M850i xDrive グランクーペ」が4.4リッターV8ガソリン(530ps/750Nm)となる。組み合わされるトランスミッションはすべて8速ATで、駆動方式は840iのみ後輪駆動、他はAWDとなる。

ユーティリティを向上したグランクーペの登場で、8シリーズの訴求力はますます高まりそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します