サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > レクサス LSに搭載される最新の運転支援機能は世界標準に並んだのか?

ここから本文です

レクサス LSに搭載される最新の運転支援機能は世界標準に並んだのか?

レクサス LSが目指すのは“自動”ではなく“運転支援”

2017年1月にアメリカのデトロイトショーでデビューした「レクサス LS」が日本を代表するフラッグシップであることに疑いの余地はない。今年の秋頃市販が予定される新型LSは洗練されたパワートレーンやシャシー性能、さらに高度な運転支援機能が満載されている。2017年はプレミアムブランドのフラッグシップが勢揃いする年でもあるが、LSはどうライバルと向き合うのだろうか。

新型LSは今年の6月に日本で正式発表された。発表会のプレゼンテーションでは注目されている自動運転技術に関して、先進技術を統括する伊勢清貴専務はあえて「自動」という言葉を使わず、あくまでも高度な運転支援技術であると述べていたことが印象的だった。トヨタとレクサスは“チームメイト”を意味する「コ(Co)」という言葉を重視して、車線維持や車線変更などの高度運転支援技術を「レクサス コドライブ(Lexus CoDrive)」と呼んでいる。

今回は新型LSに搭載される「Lexus Safety System + A 」を北海道・女満別にあるデンソーのテストコースで体験することができた。試乗会ではレクサスLSに搭載される7つのシステムについて紹介されたが、従来から実用化されている技術を合わせると数多くの機能が存在する。こうしたシステムを個別に説明しても、言葉だけでは分かりにくい部分もあるので、私流に3つのテーマにセグメントして説明してみたい。実際に様々なドライバー・アシスト・システムを使うシーンで感じる“安心安全”と“便利快適”という分類で最新のシステムを説明してみよう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します