サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > ヴェラールのディーゼルモデルに待望の試乗車 早速試乗してみた

ここから本文です

ヴェラールのディーゼルモデルに待望の試乗車 早速試乗してみた

レンジローバー ヴェラールは、レンジローバー スポーツとイヴォークの間に位置する、レンジローバーの4番目のモデルとして2017年3月にジュネーブで世界初公開され、日本では7月に販売が始まりました。

エンジンはガソリンの直4 2.0L直噴ターボ2種類と(250ps/300ps)、V6 3.0L直噴スーパーチャージャー(380ps)、2.0L 4気筒ディーゼル(180ps)の4種類。4気筒ガソリンのデリバリーは年明けになるとのことですが、今回は試乗車の準備ができたディーゼル搭載モデルをレポートします。

この2.0Lディーゼルの搭載グレードは、ベースグレード(699万円)~「RダイナミックHSE」(1053万円)まで8つのグレードがラインアップされます。最高出力180ps/4000rpm、最大トルク430N・m/1750rpm、最高速度201km/h、0-100km/h加速は8.9秒。ガソリンモデル(250ps版が6.7秒、300ps版が6.0秒、380ps版が5.7秒)と比較するとやや穏やかな性格といえるかも。

尿素SCRシステム(アドブルー方式)を搭載するほか、触媒が温まる時間を短縮する可変エグゾースト・バルブ・タイミングを採用してディーゼル微粒子除去装置(DPF)の効率も高めています。欧州ではユーロ6規制に適合。

ジャガーではすでにXE、XF、F-PACEに搭載され、ランドローバーでは2018年モデルからイヴォークとディスカバリー スポーツにも搭載が始まります。

チカラのあるディーゼルとしなやかな乗り心地

今回は都内と高速で撮影の合間にチョイ試乗。高速道路では、走行車線から追い越し車線に出るような追加加速時にも力不足を感じることなく、2トンあるボディを気持ち良く加速させます。特に高速道路の流れに乗って走ると、回転数は1500rpm前後に抑えられ、静粛性の高さが印象的。ディーゼルのメリットとなる高速巡航や航続距離を重視する、ロングドライブ派にオススメですね。

そもそもこのヴェラール、全長4820mm×全幅1930mmという大柄なサイズですが、ランドローバー伝統のコマンドポジションによりボディの見切りがよく、運転していてその大きさを感じさせないことにも驚きました。路面の凹凸を伝えないしなやかでゆったりとした乗り心地も印象的。しっかりとレンジローバー一族の風格を備えていました。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します