サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ボルボが発表した速度180km/hリミッターのインパクト。日本なら140km/hでもいい

ここから本文です

ボルボが発表した速度180km/hリミッターのインパクト。日本なら140km/hでもいい

ボルボが発表した速度180km/hリミッターのインパクト。日本なら140km/hでもいい

写真:ボルボ・カーズ

スピードという20世紀的な価値観が見直される時代

先週、驚くようなニュースが舞い込んだ。ボルボが最高速度を180km/hに限定すると発表したのだ。

日本車は国内で市販するクルマに180km/hリミッターを採用しているが、ボルボはこれを全世界で行う。具体的にはフラッグシップモデルである「XC90」の2021年モデル(2020年第二四半期に市販予定)から180km/hリミッターが採用され、速度無制限のドイツも例外ではないというのだ。

確かに、クルマのイノベーションの中心となる「自動運転と電動化」の流れを考えると、最高速度を考え直すいいチャンスかもしれない。モビリティ社会はそう遠くない将来、AIが自動運転し、クルマが所有から利用に、化石燃料(ガソリンや軽油)から再生可能なエネルギーにシフトしそうだ。そうなればクルマの価値は大きく変わるだろう。パワーとスピードでヒエラルキーを作ってきた“20世紀のクルマ社会の常識”が見直される時がきているのだ。

ボルボのホーカン・サムエルソンCEOは「ボルボが(安全面で最高速度を規制するための)リーダーシップを取り、先駆者になるべきだと信じている」と語っている。速さやパフォーマンスよりも安全性を重視するメーカーになろうというボルボの英断は尊敬に値すると思う。

ボルボはさらに、マップのジオフェンス(通信や位置情報などを用いてバーチャルなエリアを設定する技術)と組み合わせ、もっと細かく速度を規制することが可能だと考えている。例えば学校や病院の周りで行われているゾーン30(欧州などで一般的な歩行者や自転車の安全確保を目的としたクルマの30km/h規制)では、速度を自動的に規制することを検討中だ。

詳しいアイディアは、3月20日にスウェーデンのイェーテボリで開催されるイベントで発表されることになっている。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します