サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 718ケイマンを日本初披露。価格はボクスターより39万円安の設定

ここから本文です

718ケイマンを日本初披露。価格はボクスターより39万円安の設定

ポルシェジャパンは7月1日、ちょうど1ヶ月前にジャパンプレミアされた「718ボクスター/718ボクスターS」に続き、ビッグマイナーチェンジを施した新型「718ケイマン/718ケイマンS」を日本初公開した。

予約受注は既に今年4月28日から開始されており、価格は718ケイマンが619万円(6速MT)/671万4000円(7速PDK)、718ケイマンSが813万円(6速MT)/865万4000円(7速PDK)。これまでオープンモデルのボクスターより高く設定されていた価格は今回から逆転し、全グレードとも718ボクスターより39万円安となった。なお、期間限定で行っていた左ハンドル車の予約受注は6月30日で終了している。

718ボクスターと共通の水平対向4気筒ターボを搭載

718ケイマンに新たに搭載されるのは、ポルシェが“ライトサイジング”と呼ぶ、水平対向4気筒・直噴ターボで、スペックは718ボクスターと共通となる。ベースグレードの718ケイマンには、最高出力300ps/6500rpm(先代比+25ps)、最大トルク380Nm/1950-4500rpm(同+90Nm)の2リッターターボエンジンを搭載。0-100km/h加速は4.7秒、最高速度は275km/hに達する(※)。

上位グレードの718ケイマンSには、911ターボに採用のバリアブルタービンジオメトリー(VTG)を備えた2.5リッターターボエンジンを搭載。最高出力350ps/6500rpm(先代比+25ps)、最大トルク420Nm/1900-4500rpm(同+50Nm)を発生する。こちらの0-100km/h加速は4.2秒、最高速度は285km/hとなっている(※)。
※PDK、スポーツクロノパッケージ装着時

エンジン以外にも様々な改良を実施

スプリングレートの引き上げやショックアブソーバーのチューニング変更、0.5インチワイド化されたリヤホイール、+10%ダイレクトに設定された電動パワステなど、俊敏性とコーナリング時の安定性向上を意図した改良を実施。ブレーキシステムもパフォーマンスの向上に合わせて強化されている。また、車高が10mm低くなる「PASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)」、ケイマンSには初採用の車高が20mm低くなる「PASMスポーツサスペンション」をオプションで用意する。

デザイン面では、フロントの水平基調に構成された大型エアインテークや、よりシャープな形状に変更されたヘッドライトが特徴的。リアではテールライトの間に置かれたブラックのアクセントストリップによって、スポーティかつ精悍な印象が増した。インテリアでは、エアベントを含むダッシュパネル上部が新デザインとなり、Apple CarPlayなどスマートフォン専用機能をもつ「PCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネージメントシステム)」なども装備された。

次のページ>>スペック

【こちらもオススメ】
水平対向4気筒ターボを搭載した「ポルシェ 718ボクスター」が日本上陸

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します