サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > アウディA3セダン、雪のサーキットで試した

ここから本文です

アウディA3セダン、雪のサーキットで試した

クーペを彷彿とさせる伸びやかなプロポーション

わずか5年ほど前、アウディは年産100万台規模の自動車メーカーだった。いまや、フォルクスワーゲン・グループの稼ぎ頭であり、近い将来、世界一のプレミアム・ブランドになると標榜し、2020年までに年産200万台を目指している。この手の自画自賛は得てして“寒い”ことが多いが、ことアウディに関しては魅力的なプロダクトを背景に自らの宣言を着々と現実のものにしているように見える。2013年の上海ショーで登場した「A3セダン」も、そうした拡大戦略を実現する一手だ。

ただし、ごく個人的な意見を言えば、Cセグメントのハッチバックをベースにしたセダンは、実はあまり好みではない。ボディサイズに制限がある中でサルーンの実用性を確保しつつ、エクステリアをデザインすると、寸詰まりになって破綻するからだ。だからこそ、A3セダンを目の前にして、伸びやかでまとまりのいいプロポーションに仕上げられていることに感心した。

Dセグメントのセダンと比べると、荷室のサイズが限られるのは仕方ないとして、ことスタイリングでは及第点をはるかに超えている。実際、スポーツバックと共通する部品は、ヘッドライトやグリルといったフロントビューを構成する部分のほか、ミラーやドアハンドルといったディテールに留まる。

特に、サイドビューを彩る2本のキャラクターラインがリアエンドに向かって集約するところなど、デザインの美しさで定評のあるジュリア・クーペこと、1974年製アルファ・ロメオ200GTVを彷彿とさせる。個人的に所有しているから、そう思うのかもしれないけれど。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら