サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > タイヤは安全性と安心感で選んで欲しい。低燃費タイヤの最新作「ミシュラン エナジー セイバー 4」を履いてそう思った

ここから本文です

タイヤは安全性と安心感で選んで欲しい。低燃費タイヤの最新作「ミシュラン エナジー セイバー 4」を履いてそう思った

sponsored by 日本ミシュランタイヤ

低燃費だけじゃない。光るトータルパフォーマンスの高さ

運転する立場からすると、タイヤに求めるのはやはり、ちゃんと止まってくれることや的確なハンドリングができることなど、安全性能が最優先。低燃費タイヤならもちろん、燃費アップに貢献して少しでもランニングコストが抑えられたら嬉しいとも思う。

でも同乗者の立場からすると、安全性に加えて静かさ、乗り心地の良さといった快適性も求めたいところ。エナジー セイバー 4は、ウェットブレーキ性能を高めながら、そうした静粛性、乗り心地の向上も実現しているのがすごい。

一般道と高速道路をドライ路面で走ってみると、低速から中速ではフラットで不快な振動も少なく、とても上質な乗り心地に感心。高速域に入ってもゴツゴツ感はほとんど出ず、リラックスして過ごせる空間だ。そして、驚くのはその静かさ。路面からのノイズよりも、エンジン音や風きり音の方が大きく聞こえるほどで、さすがはパターンノイズが従来比マイナス5%、ロードノイズが従来比マイナス9%の実力。

運転していても、剛性感があってカーブでもしっかりと踏ん張る感覚があり、タイトコーナーではシャキッとしたハンドリングで思い通りに操れる。低燃費タイヤの中には、そのあたりがやや頼りなく感じるものもあるだけに、一度でもヒヤリとしたことがある人なら、乗ればその違いは一目瞭然のはず。やはり、従来からトータルパフォーマンスの高さにこだわり続けるミシュランだからこそ、このエナジー セイバー 4が生まれたのだと感じた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します