サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > タイヤは安全性と安心感で選んで欲しい。低燃費タイヤの最新作「ミシュラン エナジー セイバー 4」を履いてそう思った

ここから本文です

タイヤは安全性と安心感で選んで欲しい。低燃費タイヤの最新作「ミシュラン エナジー セイバー 4」を履いてそう思った

sponsored by 日本ミシュランタイヤ

より安心に、より快適に進化

寒い日も暑い日も、晴れても強風でも雨が降っても、まずクルマに乗らなければ始まらないのがジャーナリストの仕事である。家が買えそうな数千万円モノのスーパーカーから、日本人の暮らしに寄り添う軽自動車まで、乗るクルマのカテゴリーも日によってさまざま。

でもそのすべてに当てはまる感想は、ひと昔前と比べて飛躍的に進化した安全性能と、先進の運転支援技術が手厚くなったということ。燃費競争がひと段落して、燃費が良くて当たり前になった今、自信を持ってオススメできるクルマの条件のひとつとして、安全性能の高さはマストという状況になっている。 ただ、そこで忘れちゃいけないのが、どんなに先進の安全技術が搭載されていたとしても、その性能をしっかり発揮できるかどうかの鍵を握るのは、クルマと路面の唯一の接地点、4つのタイヤだということだ。クルマの性能を受け止められるタイヤかどうか。それがとても大切なチェックポイントになる。

今回、ハイブリッドカーやコンパクトカー、軽自動車が多い日本市場で高い人気を誇る低燃費タイヤの先駆けとなったミシュラン「エナジー セイバー」シリーズが新しくなった。もともと、低燃費タイヤでありながら乗り心地やウェットブレーキ性能、耐摩耗性といったトータルパフォーマンスの高さに定評があった現行品のエナジー セイバー プラスだが、新製品の「エナジー セイバー 4」では、新配合されたコンパウンドによってさらにウェットブレーキ性能が向上。またトレッドパターンの縦溝幅を最適化することでパターンノイズの低減を、ノイズを吸収するアンダートレッドラバーの採用でパターンノイズとロードノイズを軽減。より安心かつ快適な低燃費タイヤとなった。

まるもさんの動画インプレッションは4ページ下段にて公開中

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します