サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 改良でさらに商品力向上! 大人気の中型SUV「RAV4」の推しグレードとは!?

ここから本文です

改良でさらに商品力向上! 大人気の中型SUV「RAV4」の推しグレードとは!?

>>トヨタ RAV4の詳細はこちら
>>トヨタ RAV4 ハイブリッドの詳細はこちら

人気グレードにハイブリッドモデルが追加!

トヨタ「RAV4」は、1994年から販売されているトヨタのSUV。初代RAV4は全長3.7m未満のコンパクトな3ドアの「ライトクロカン」でしたが、海外市場専用となった4代目を経て2019年4月に発売された現行型(5代目)は、力強いサイズとデザインを兼ね備えた中型SUVとして大人気になっています。

現行型RAV4の車台は「カムリ」などと共通の新世代プラットフォーム「GA-K」で、「SUVらしい力強いデザインと良好な視界に配慮した」というボディのサイズは全長4610mm×全幅1865mm×全高1690mm。室内は後席使用時でも542~580Lというクラストップレベルの荷室容量を誇っています。

搭載されるパワートレインは2L直列4気筒直噴ガソリンエンジン+CVTと、2.5L直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターとなるハイブリッドの2種類。駆動方式は4WDまたは2WDで、ガソリンエンジン車の4WDには、前後駆動配分50:50の「ダイナミックコントロール4WD」とは別に、走行状況に応じて後輪へのトルク伝達を左右独立で制御する、世界初の「ダイナミックトルクベクタリングAWD」も用意されました。

またすべての4WD車には統合制御「AIM(AWD インテグレーテッド マネジメント)」を搭載。路面や運転状況に合わせてパワートレインやステアリングなどの制御を最適化することで、優れた操縦安定性と走破性、快適な走行性能が実現されています。

>>トヨタ RAV4の詳細はこちら
>>トヨタ RAV4 ハイブリッドの詳細はこちら

安全運転支援機能については、最新の予防安全パッケージである「トヨタ セーフティ センス」を全車に標準装備。24時間365日、クルマとトヨタスマートセンターが通信でつながるコネクティッドサービスにも対応しており、車載通信機DCMは全車標準装備。T-コネクトサービスは3年間無料で提供されます。

発売早々から大人気となった現行型RAV4は2020年8月に一部改良を行い、「SmartDeviceLink(スマートデバイスリンク)」「Apple CarPlay(アップルカープレイ)」「Android Auto(アンドロイドオート)」を使ってスマホと連携できるディスプレイオーディオが全車標準装備に。また駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いや、アクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」を全車に標準装備するとともに、車両を上から見下ろしたような映像をディスプレイオーディオに表示できる「パノラミックビューモニター」を設定しました。

また直近の2021年12月には、これまでは2Lガソリンエンジン車にしか用意されていなかった「Adventure(アドベンチャー)」という人気グレードを、ハイブリッド車にも追加設定。これにより「RAV4を選ぶことの意義と価値」はより一層増したようにも思えます。

次のページ>>やはりハイブリッドのアドベンチャーは魅力的

>>トヨタ RAV4の詳細はこちら
>>トヨタ RAV4 ハイブリッドの詳細はこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します