サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > フォルクスワーゲンの末っ子SUV「T-クロス」は価格もサイズもバランス良さそう

ここから本文です

フォルクスワーゲンの末っ子SUV「T-クロス」は価格もサイズもバランス良さそう

SUVの末っ子はちょうど良いサイズ

フォルクスワーゲンジャパンは11月27日、コンパクトSUV「T-Cross(ティークロス)」を発売しました。ざっくり言うと「ポロ」のSUV版といったところ。発売記念モデルとして2モデルが用意され、「T-クロス TSI 1st(ファースト)」が299万9000円、「T-クロス TSI 1st Plus(ファーストプラス)」が335万9000円となっています。

ボディにはフォルクスワーゲンの最新プラットフォーム「MQB」を採用し、サイズは全長4115×全幅1760×全高1580mmと、国内ではちょうどよい大きさと言えそう。荷室容量は455Lあり、ポロの351Lより大きくなっています(いずれも5人乗車時)。

外装はポップ、内装はコンサバ

エクステリアは大きめのフロントグリルやフォクランプ、ブラックアウトされたフェンダーアーチ、アンダーパネルなどがSUVらしさを演出しています。またルーフレールも装着され、ファーストがブラック、ファーストプラスがシルバー塗装となっています。

ギアっぽいイメージが目を引くインパネの構成はポロに準じたもの。程よくポップな感じの外観とくらべると、インテリアは質実剛健なフォルクスワーゲンらしい、全体的にきっちりと真面目な仕上がりという印象です。インフォテインメントにはフォルクスワーゲン純正の「ディスカバー プロ」を標準装備し、前席に2つ、後席に2つUSBポートを設置。スマホの非接触充電なども標準装備しています。

ポロと同じパワートレーンで少しパワーアップ

パワートレーンは1.0L直列3気筒DOHCターボで、最高出力は116ps/5000-5500rpm、最大トルクは20.4kg-m/2000-3500rpmを発揮し、トランスミッションは7速DSG。駆動方式はFFのみで(4WDは今後も設定無しとのこと)、燃費はWLTCモードで16.9km/Lとなっています。

先進安全機能は、「アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)」、「プリクラッシュブレーキ(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)」他、13の機能を標準装備しています。

ボディカラーは8色で、上級グレードとなるファーストプラスでは「デザインパッケージ」として、ホイールや、インパネ、ドアミラーカバーなどをブラック、オレンジ、グリーンのいずれかから選択することができます(ボディカラーにより選択可否あり)。

4人乗車でも問題なしと言えそうな広さあり

編集が実車をチェックしてみました。外観はポロをベースとしているとは思えないほどボリューム感があり、SUVらしさがあります。居住空間はどの席も狭さを感じず、身長170cmの編集だと運転席シートの高さ調整を一番下げて頭上にこぶし2個分、後席は頭上にこぶし1個分、膝前にこぶし2個分余裕があり、後席も充分な広さを感じました。

荷室は高さがあるのと、リアシートも前後スライド可能となっているので、荷物を沢山積みたいときは前にスライドさせることで、ラゲッジを大きく取ることが出来たりします。4人乗車での旅行などは問題なくできそうです。

価格は前述の通りベースグレードの「T-クロス TSI 1st(ファースト)」が299万9000円。サイト上ではまだ見積もりができませんでしたが、ベースグレードでも装備は割と充実しているので、そこまで高くならなそうな気配。サイズ感、居住性、価格などバランスの取れた1台と言えるかもしれません。

次のページ>>スペック

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します