サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > FRでV8ターボを積む新型フェラーリGTC4は若者向けアドレナリン・マシンだった

ここから本文です

FRでV8ターボを積む新型フェラーリGTC4は若者向けアドレナリン・マシンだった

エンジンを前後のデフではさむ超個性派ヨンクは健在

V12気筒とヨンク(四輪駆動)を武器にする「GTC4ルッソ(Lusso)」が日本でも予想以上に売れているらしい。そこに追加されたV8ターボを積むRWD(後輪駆動)の「GTC4ルッソT」は、果たしてどんなGTカーなのだろうか?

GTC4ルッソのオリジナルでもあるフェラーリ初のヨンクこと「FF」を2011年のジュネーブショーで見たときは興奮した。一般的にフロントエンジン、リヤ駆動の「FR車」をヨンクにするのは大変だ。「日産 GT-R」やメルセデス・ベンツの4マチックのように、フロントデフを左右どちらかにオフセットして配置し、センターデフとフロント車軸を結ぶドライブシャフトはエンジンの下側(オイルパンの中)を貫通させる、複雑な構造をとる。

フェラーリ初のヨンクは「FF=フェラーリ・フォー」と名付けられた。その個性的なヨンクシステムは驚くべきものとなる。そもそもフェラーリのFRは前後重量配分を気にして、重量物のエンジンをエンジンルームの後方(室内側)に配置するフロントミッドシップだ。ギアボックスも重量分散のためにリヤアクスルに配置していて、フロント荷重は48%前後と軽い。

このパッケージではフロントタイヤを左右に結ぶライン上に空間があり、そこに目をつけたエンジニアはデフと4速までのギアボックスを配置したのだ。V12のエンジンを前後のデフで挟むという実にユニークな発想のヨンクが誕生した。

初代FFはその後、名前を改め「GTC4ルッソ」として登場する。GTC4ルッソのステアリングを握ったのは、イタリアのスキーリゾートとして知られるドロミテで開催された昨年の試乗会だった。フェラーリ・ヨンクのGTCルッソは自然吸気のV12気筒と、世界でも例がないユニークな4WDシステムで私を魅了した。コイツはホンモノのGTカーだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します