サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型コンチネンタルGT、注目はハイエンドGTを再定義する豪華なキャビン

ここから本文です

新型コンチネンタルGT、注目はハイエンドGTを再定義する豪華なキャビン

よりロングノーズ&ショートオーバーハングに

ベントレーのラグジュリーグランドツアラー、コンチネンタル GTがフルモデルチェンジされた。2003年に初代モデルが誕生し、その後2010年にはセカンド・ジェネレーションへと進化を果たしたコンチネンタル GTは、1998年にVWグループに再編されたベントレーに、まさに歴史的な成長をもたらした重要なプロダクト。デビューから2世代にわたって、実に6万6000台以上のコンチネンタル GTが、カスタマーにデリバリーされている。

新型コンチネンタル GTは、まず視覚で大きな感動を与えてくれるニューモデルだ。エクステリアのデザインは、確かにこれまでの伝統的なシルエットを継承してはいるものの、フロントアクスルが先代比で130mm前方に移動し、それに対応してフロントオーバーハングが縮小されたことで、よりロングノーズのスタイルが強調されるようになった。

シャープなラインで構成されるボディサイドは、ベントレー独自のスーパーフォーミング技術を駆使したもの。これは素材のアルミニウムを500度にまで加熱して一体成型するというもので、新型コンチネンタル GTではボディサイドのすべてが、この技術によって成型されることになった。その彫刻的な美しい造形は、こうやって生まれたのだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します