サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 約2億円&限定40台のランボルギーニ・チェンテナリオがアジア初公開

ここから本文です

約2億円&限定40台のランボルギーニ・チェンテナリオがアジア初公開

1台約2億円、チェンテナリオをアジア初公開

ランボルギーニは9月16日、明治神宮外苑で開催された創業者のフェルッチオ・ランボルギーニ生誕100周年を記念するイベント「ランボルギーニ・デイ」で、同じく100周年を記念するモデルの「ランボルギーニ・チェンテナリオ(Centenario)」のクーペモデルをアジア初公開した。チェンテナリオはクーペ20台、ロードスター20台の計40台が生産され、価格は税抜きで175万ユーロ(約2億円)、すでに全台売り切れとなっている。

イタリア本国からは今年2月にアウトモビリ・ランボルギーニの新しいCEOに就任したステファノ・ドメニカリも来日。プレスカンファレンスで登壇している。この記事ではチェンテナリオの画像や詳細情報を中心に紹介する。

4WDシステムに後輪ステア機能を追加

チェンテナリオは「アヴェンタドール」をベースに、ランボルギーニ史上最強となる770hpを発生するV型12気筒自然吸気エンジンを搭載。モノコックに加え、全ボディパーツやトリム類にカーボンファイバーを使用して乾燥重量を1550kgに収めている(アヴェンタドールSVはエンジンフードやスポイラー以外のボディパネルはアルミや複合素材製)。その結果、パワーウェイトレシオは1.97kg/hp(2.03kg/hp)、0-100km/h加速は2.8秒(同)、0-300km/h加速は23.5秒(24.0秒)、最高速度は350km/hオーバー(同)を実現。※()内は「アヴェンタドールSV」。また、100km/hからのブレーキ停止距離は30m、300km/hからの停止距離は290mなどとなっている。

駆動方式は4WDで、低速時は逆位相、高速時は同位相に動く後輪ステアシステムの「新ランボルギーニ・リアホイール・ステアリングシステム」を搭載。後輪ステア量は「ストラーダ」「スポルト」「コルサ」の各モードで最適調整される。また、ショックアブソーバーは磁気流体ダンパーを採用し、リアウイングは電動可変タイプだ。

アヴェンタドールがベースの専用内外装

今回展示されたチェンテナリオは全面グロス・カーボンファイバー仕上げだが、オーナーの好みに応じて塗装やマット仕上げなどにも応じているという。センターロッキング式の20&21インチ・ホイールは鍛造アルミ製で、タイヤはピレリPZero、カーボンセラミックディスクブレーキを標準装備している。

内装では新ステッチが施されたダッシュボード、ステアリングホイール、サンバイザー、ロッカーカバーに加え、カーボンファイバーとアルカンターラを組み合わせた新意匠のインナードアパネルや、同じくカーボンファイバー製の軽量スポーツシートを装備。また、フロント・トランクにはヘルメットが2個収納できる。

ナビなどを搭載した10.1インチのタッチスクリーン式インフォテインメントシステムは走行データをモニターできるテレメトリーシステムが組み込まれるほか、Apple CarPlayにも対応する。納車は2016年秋~2017年になるという。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します