サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > インフィニティ Qインスピレーションコンセプト、全容が明らかに。“可変圧縮比”ターボを搭載

ここから本文です

インフィニティ Qインスピレーションコンセプト、全容が明らかに。“可変圧縮比”ターボを搭載

日産自動車の展開する高級車専門ブランド インフィニティは15日、デトロイトモーターショーで先進エンジン搭載のプレミアムセダン「Qインスピレーションコンセプト」を世界初披露した。

Qインスピレーションコンセプトは、次世代のダウンサイジングターボエンジンの採用により、ダイナミックで洗練されたデザインと走りを具現したとするミッドサイズセダン。

要となるエンジンは、直列4気筒の「VCターボ」を搭載する。これは“可変圧縮比”という高度な新技術により、パワーと効率を両立させたもの。ターボチャージャー付きガソリンエンジンのパワーとディーゼルやハイブリッドエンジンのような高い効率性を両立するという。日産・インフィニティの高級車はこれまでV6エンジンをメインとしてきたが、VCターボはブランドに新たな転換点をもたらしそうだ。

エクステリアはコンパクトエンジンの搭載によりエンジンルームの省スペース化を実現し、ひいては全体に均整のとれたクーぺ風フォルムを採用。技術とデザインがリンクした次世代フォルムをかたちにしたものとなっている。

インテリアは“ミニマリスト”(必要最小限)のアプローチから、ドライバーと乗員にとって静かで快適なキャビンを追求。小型エンジンの採用により広々した居住スペースが実現しているとのことだ。

技術により、走りと内外装デザインを変えるというインフィニティの新たなアプローチ。市販モデルへの採用が楽しみだ。

【関連記事】
デトロイトモーターショー2018特集

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します