サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ボルボの最新ダブル過給エンジンのパワーは? XC60 T6で雪道ドライブ

ここから本文です

ボルボの最新ダブル過給エンジンのパワーは? XC60 T6で雪道ドライブ

エンジンやプラットフォームを刷新中のボルボ

冬の上越までボルボ XC60で日帰りドライブにでかけた。日本の雪道で北欧育ちのSUVはどんな走りをするのだろうか。中でも注目は100%自社開発を謳う、新世代のパワートレーン「T6」だ。2つの過給システムをもつ先進的な2リッター直噴ターボで、このシステムが発表されたときから注目していた。それに、ボルボが得意とするドライバー・アシストも自動運転技術の基本となるシステムとして熟成が進んでいるはずだ。

最近のボルボの状況をおさらいしよう。フォードグループから完全に独立したボルボは、現在、中国の自動車メーカー「吉利汽車(ジーリー)」が親会社になっている。ジャガーを保有するインドのタタと同じように“お金は出すが口は出さない”太っ腹な経営手法のおかげで、ボルボの独自性は近年ますます高まっているらしい。フォード時代よりものびのびと仕事に就いているほどだ。

その証拠に、今年のデトロイトショーではSUV部門のイヤーカーに新型XC90が選ばれ、ボルボブースは多くのメディアで賑わった。XC90そのものはもちろん、XC90から始まったボルボの新しいクルマ作りの戦略も話題になっているのだ。

また、ボルボはエンジン・ラインアップの整理と進化も抜かりなく行っている。まず、パワートレーンを100%自社開発とし、その代わり4気筒以下&2.0L以下のエンジンですべての車種をカバーしつつ、ハイブリッドにも対応する。さらに、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの基本構造を共通にする。実際に、ガソリンとディーゼルは25%が共通部品、75%が類似部品になっているという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します