サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > BMWがPHV攻勢へ! プラグインハイブリッド「X5 xDrive40e」を発売

ここから本文です

BMWがPHV攻勢へ! プラグインハイブリッド「X5 xDrive40e」を発売

9月8日、BMWがコアブランド初ならびにSUV初のプラグインハイブリッド「X5 xDrive40e(ヨン・マル・イー)」を発売した。BMWは来年にも「330e」「225xe」「740e」を導入する予定で、引き続き“電動化”を加速させていく。

100kmをわずか3.3Lの燃料で走行

X5 xDrive40eは、PHVスポーツカー「i8」と同じコンセプトならびにコンポーネントを活用し、2トンを超える車重ながらも、100kmをわずか3.3Lの燃料で走行することを可能にしている(欧州複合モード燃費)。

搭載するプラグインハイブリッドシステムは、2.0L直噴ツインスクロールターボに8速ATと一体化した電気モーターを組み合わせ、システムトータルで最高出力313ps/最大トルク450Nmのパワーを発揮する。電気モーターのみによるゼロエミッション走行は、最長31km、時速120km/hまで可能とした。

高電圧リチウムイオンバッテリーはラゲッジの床下に搭載。満充電にかかる時間は、3.5~4時間となる。

3つのモードが備わる「eDrive」

ガソリンやディーゼル仕様との外観上の違いは、ボディ左の充電用フラップやエンブレムのみと多くない。但し、アダプティブLEDヘッドライトが標準で備わる。また、電子制御式ダンパーやセルフ・レべリング・コントロール(リア)も全グレードで標準装備となるほか、足回りも専用チューンが施されている。

内装ではシフトの右下に「eDrive」ボタンが備わる。このボタンの操作により、モーターとエンジンの最適バランスを自動制御する「AUTO eDrive」、EVモードをフル活用する「MAX eDrive」、バッテリーの電力消費を抑えるとともに回生量を増やす「SAVE Battery」という3つのモードを任意で選択できる。

ガソリンならびにディーゼルとの価格差は?

ガソリン仕様の「X5 xDrive35i」は798万円、「X5 xDrive50i」は1,045万円、ディーゼル仕様の「X5 xDrive35d」は839万円。

今回導入されたプラグインハイブリッド仕様は全グレードで1,000万円を切り、「X5 xDrive40e」が927万円、「X5 xDrive40e xLine」が993万円、「X5 xDrive40e M Sport」が993万円とされた。

プラグインハイブリッドに適用されるエコカー減税(自動車取得税と重量税が100%減税、翌年度の自動車税が75%減税)や最大34万円の補助金を考慮すれば、ディーゼルなどとほぼ同じ土俵で検討する価値があるだろう。

<スペック>

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します