サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型アウトバック試乗。注目は軽さと燃費!

ここから本文です

新型アウトバック試乗。注目は軽さと燃費!

クロスオーバーのパイオニア的な存在

レガシィのなかでも、アウトバックは特別な存在だ。過去を振り返れば、2代目レガシィにグランドワゴン(輸出名はアウトバック)という呼び名でワゴンの派生モデルを投入したことが始まりだった。ワゴンをベースとし、ラフロードでの走破性を向上させるために床下と路面との間隔(最低地上高)を200mmとするサスペンションと大径タイヤを装備。タフな使用に耐えるようにボディ下部を補強するデザインのバンパーを採用。さらに、大型のフォグランプを組み合わせることなどにより、ワゴンにSUV(当時はクロスカントリー4WDと呼ばれていた)の機能を与えたモデルだった。

こうした、異なるカテゴリーの機能を併せ持つモデルを現在ではクロスオーバーと呼んでいるが、アウトバックはそのパイオニアだったわけだ。実際にワゴンとSUVのクロスオーバーはアウディやボルボからも投入され、特に北米市場では高い支持を得てきた。レガシィにしてもそうだ。ワゴンと併売していた時期もあったが、近年ではアウトバックがレガシィの主力モデルとなっていたほどだ。

ただ日本市場ではワゴンの人気が高く、ツーリングワゴンがレガシィの主役。それだけにアウトバックはワゴンの派生モデル的な位置づけにしかならず、SUVとしての機能を持つことの価値が十分には認識されていなかった。北米市場にしても、アウトバックの人気は高かったがレガシィ自体への課題も指摘されていた。その課題が、ボディサイズだった。日本市場では、3代目まであえてボディサイズを5ナンバーサイズとしたことを評価。4代目では、北米市場を意識しつつ日本市場にも配慮してボディサイズを控えめに拡大。だが、北米市場ではそれでも満足しなかった。そこで、最新モデルとなる5代目レガシィはボディサイズを大幅に変更したのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら