サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > ハロゲンからLEDへの交換を検討している人に見て欲しい フィリップスの「Ultinon Pro」は何が違うのか?

ここから本文です

ハロゲンからLEDへの交換を検討している人に見て欲しい フィリップスの「Ultinon Pro」は何が違うのか?

sponsored by ルミレッズジャパン

ハロゲンからLEDへの交換を検討している人に見て欲しい フィリップスの「Ultinon Pro」は何が違うのか?

左が「Ultinon Pro 9000(アルティノン プロ 9000)」、右が「Ultinon Pro 5000(アルティノン プロ 5000)」

“9000”と“5000”は何を意味しているのか

自動車用ライトバルブのメーカーとして長い歴史を誇る「PHILIPS(フィリップス)」。その信頼性とブランド力は海外だけでなくここ日本でもズバ抜けており、この記事を読んでいる方の中にも「バルブ交換の際にはフィリップスを指名買いしている」という人も少なくないのではないだろうか。そんなフィリップスが、これまでにない技術を採用したまったく新しいLEDバルブを発売する。その気になる性能を、今回の「概要編」と次回の「実装編」の2回に分けてレポートしていきたい。

さて、フィリップスが満を持して12月頭に日本導入を予定している期待の新商品が、「Ultinon Pro 9000(アルティノン プロ 9000)」と「Ultinon Pro 5000(アルティノン プロ 5000)」の2商品だ。それらに先立ち、9月には「Ultinon Essential(アルティノン エッセンシャル)」という別ラインの新商品もリリースされたばかりだが、「アルティノン プロ 9000/5000」はエッセンシャルシリーズの上級モデル。日本風に言えば松竹梅の3モデルが年内に出揃った、という感じだ。

まず最初に断っておきたいのは、「アルティノン プロ9000」と「アルティノン プロ5000」の“9000”と“5000”という数字は、ケルビン数(色温度)を表しているわけではない。両商品ともケルビン数は5800kとなっており、自動車メーカーにOEM採用されているLEDバルブと同じクールホワイト色を実現している。

では、9000とか5000が何を意味しているかというと、単純に数字が大きいほど性能が上だと理解していただきたい。男性諸氏はご存知かと思うが、フィリップスは電気シェーバーのメーカーでもあり、伝統的に1000番台の数字でグレードを表現してきた。今回はそれに習った商品名が採用されており、9000がトップグレード、5000がミドルグレードを意味している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します