サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > 新型ハリアー。ガソリンか、ハイブリッドか?

ここから本文です

新型ハリアー。ガソリンか、ハイブリッドか?

新型ハリアー。ガソリンか、ハイブリッドか?

プレミアム"Advanced Package"

国内専用モデルとして復活!

ハリアーは日本国外ではレクサスRXとして販売されてきた乗用車ベースのSUVだ。1997年に初代、2003年に2代目が登場。2005年、トヨタはレクサスを日本でも展開し始めたが、日本では2代目をそのままハリアーとしてトヨタブランドで販売し、当初レクサスはRXを扱わなかった。2009年に登場した3代目からは日本でも国外同様にレクサスRXとして売られ、今に至る。トヨタはレクサスRX(つまり3代目)日本発売後も、しばらく2代目ハリアーを継続販売していたが、今から約1年前にひっそりと販売中止した。

ハリアーは純然たる日本車だが、"海外ではレクサスという高級ブランドで売られている"という事実と、「WILD but FORMAL」とよくわかんないコピーながらもどことなくガイコクっぽさ、ガイジンっぽさを想起させるCMによって、とてもバタ臭い印象を与えるクルマだった。岡田真澄とか草刈正雄とか羽賀研二とか黒田アーサーとか、カッコよいのだが、一歩間違えると……的なモデルだった。

トヨタは海外でレクサスRXとして売ってきたハリアーを、だから今後は日本でもRXとして販売していくのだろうと思っていたら、今回、突然、ハリアーを再び発売した。聞けば、ユーザーからの要望が多かったのが復活の理由だという。真澄やアーサーのファンは結構多いということか。ただし、もうレクサスを本格的に日本で展開し始めたため、向こうでレクサスとして売っているクルマに日本独自の車名を付けてトヨタディーラーで売るわけにいかない。過渡期にはそういう時期もあったし、今でもランクルなど一部にはそういうモデルもあるが、基本的にそれはナシということなのだろう。という経緯から、トヨタはRXとは別の国内専用モデルとして、ハリアーを開発、発売した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら