サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > DBシリーズ史上最強、アストンマーティンDB11にサーキット試乗

ここから本文です

DBシリーズ史上最強、アストンマーティンDB11にサーキット試乗

新しい100年を見据えたブランニュー

アストンマーティンのブランニューモデル、DB11が日本に上陸した。これは2003年にデビューしたDB9の正当な12気筒系後継モデルであると同時に、2013年に創立100年を迎えたアストンにとって、新しい100年を迎えるための最初のニューモデルでもある。実際、その新しい100年を見据えて、DB11の開発は2011年に始まったのだという。

ならば、9と11のあいだのDB10はどこにいってしまったのか? そう、多くの読者諸兄がご存知のように、去年公開された映画『007 スペクター』に登場したボンドカーがDB10だったわけで、市販モデルにはならなかったというわけだ。

それに加えてDB11、ドイツ人のウルリッヒ・ベッツ氏に代わって元日産にいたイギリス人、アンディ・パーマー氏がCEOになって初のブランニューモデルという意味合いもある。つまり、アストンにとっては取り分け気合いの入ったクルマなのである。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します