サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > 試乗記 > エクストレイル ハイブリッド公道試乗、タフギアの乗り味に変化は?

ここから本文です

エクストレイル ハイブリッド公道試乗、タフギアの乗り味に変化は?

フーガやスカイラインと同じ「1モーター2クラッチ」方式

2013年の暮れに発表された現行の日産エクストレイルに、ハイブリッドモデルが加わった。

現行モデルのデビュー時には、丸みを帯びたデザインに「タフギアっぽさが薄れた」という声もあがったが、信頼と実績のフルタイム四駆システム「ALL MODE 4×4-i」に、悪路でボディの上下動をコントロールする「アクティブライドコントロール」が加わり、走破性能には磨きがかかった。ちなみに「アクティブライドコントロール」は世界初のシャシー制御システムで、まさに鬼に金棒である。

では、お洒落になったタフギアにハイブリッドシステムを組み合わせると、どんな仕上がりになるのか。興味津々で横浜で開催された試乗会に向かった。

ここで試乗車に乗り込む前に、エクストレイル・ハイブリッドの概要を説明しておきたい。搭載されるハイブリッドシステムは、「1モーター2クラッチ」方式。そう、フーガやスカイラインに使われるFR用の縦置きシステムを、FF用の横置きに変更したものだ。ちなみに北米市場では、日産パスファインダーとインフィニティQX60がすでにこの横置きハイブリッドシステムを搭載している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します