サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > プチ炎上した日産の「#助手席孝行」キャンペーンは本当に失敗だったのだろうか?

ここから本文です

プチ炎上した日産の「#助手席孝行」キャンペーンは本当に失敗だったのだろうか?

「#助手席孝行」とはどんなキャンペーンだったのか

日産が打ち出したキャンペーン「#助手席孝行」がプチ炎上している……と書いている今はお盆休み真っ只中の8月13日。お盆期間限定のキャンペーンだと思われる「#助手席孝行」の公式ページは、この原稿が公開される頃には(たぶん)役目を終えてひっそりと人目につきにくいコーナーに追いやられているはず。さらには今この瞬間に起きているプチ炎上騒ぎも、その頃までにはすっかり忘れられているだろう。

だがそれでもあえて「#助手席孝行」について少々考えてみたい。

当該のページおよび動画を見ていない人も多いと思われるゆえ、ごく簡単な復習だけは最初にしておこう。

日産が打ち出した「#助手席孝行」とは、つまりは下記のようなアクションを、都会に住まう働き盛りの息子たち・娘たちにうながす啓蒙活動であった。

1. お盆休みで実家に帰ったら、とりあえず親が運転する車の助手席に乗り、その運転っぷりをチェックしてみてほしい。

2. チェックする際のキーワードは「みぎあしは」である。

み=ミラーちゃんと見てる?
ぎ=ギアチェンジ迷ってない?
あ=アクセルとブレーキ、急じゃない?
し=車間距離、保ててる?
は=ハンドル遅れてない?

3. もしも一つでも気になるポイントがあったなら、親御さんが車を運転するということについて、家族でしっかり話し合ってほしい。

……と、ただそれだけのことだ。特に問題がある内容ではない。ついでに言えば、上記の「みぎあしは」というチェック項目はNPO法人高齢者安全運転支援研究会が作成した「運転時認知障害早期発見チェックリスト30」に基づいている。これまた「妥当」というほかないものである。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します