サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 開発者は黙して語らず…謎を呼ぶGT3のコンセプトカーは市販化されるの? 東京AS・トヨタブースの見どころ

ここから本文です

開発者は黙して語らず…謎を呼ぶGT3のコンセプトカーは市販化されるの? 東京AS・トヨタブースの見どころ

東京オートサロン2022、トヨタブースの目玉は500台限定で1/14(金)から予約がスタートした「GRMNヤリス」と、やや謎めいたGT3マシンの「GR GT3 コンセプト」の2台。さらに今年発売される初のEV専用モデル「bZ4X」のスポーツコンセプトや、「レクサス NX PHEV」のオフロードコンセプトなどが登場しています。

GR GT3 コンセプト

先行公開されていた予告画像のAMG GT風シルエットにも驚かされましたが、思い切りキャビンを後方に配置した超ロングノーズのシルエットは、会場で実車を目の前にしても大胆。サイドから出るマフラー位置やロングノーズということはフロントエンジンだとして…「スープラ」ベースではなさそうだし、謎が深まる一台となっています。

TGR(トヨタGAZOOレーシング)によれば、「GRヤリス」同様、モータースポーツ用の車両を市販化する、という逆転の発想で、TGRが磨いてきた技術をGT3車両開発だけでなく“量販車開発にも活かす”…とのこと。実際に市販化されるのか? 価格はどのぐらいなのか? パワートレーンは何か? などなど疑問は尽きませんが、その吹っ切れたデザインやパッケージからも、今後の行方が気になります。

GRMNヤリス

ヤリスの最強モデルこと「GRヤリス」のさらに最強版として登場した「GRMNヤリス」はオートサロン初日となる1/14(金)~事前予約がスタート。ベースグレードで731万7000円、メーカーOPパッケージを装備した“サーキットパッケージ”が846万7000円、ディーラーOPパッケージを装備した“ラリーパッケージ”が837万8764円と、GRヤリスの倍近いお値段となっています。それだけにポルシェなどにも採用が広がっている、スワンネック形状の大型カーボンリアウイングの精緻なつくりなど、実車の見どころも満載です。

>>GRMNヤリスの速報記事をチェックする
bZ4X GRスポーツ コンセプト

2022年年央に発売されるトヨタ初のEV専用モデル「bZ4X(ビーズィーフォーエックス)」のカスタマイズコンセプトが早くも登場。マットブラックのボディに21インチの大径ホイールやスポーツシートを装着とあるので、スポーツEV向けの足回りのチューニングにも期待が広がります。0-100km/h加速などのスペックはノーマルモデルのままですが、電気自動車も数が増えてくると、他のオーナーと横並びでは満足できない人達に向けて、こうしたドレスアップが増えていきそう。

レクサス NX PHEV オフロード コンセプト

レクサスは東京オートサロン2022に2台のコンセプトカーを出展。NXのカスタマイズカーは「NX450h+」をベースに17インチの大径オールテレーンタイヤ&ホイールを装着。アイアンオキサイドというブロンズ色×黒色のマット塗装にルーフラックなどのフィールドアイテムを装着してアドベンチャーライフスタイルを提案しています。インテリアはGRマーク入りのスポーツシートも装着。都会派のNXをあえてフィールド系に仕立てるのも、意外に新鮮ではないでしょうか。

レクサス ROV コンセプト

昨年12月に欧州で発表されたコンセプトカー。ROVと書くと水中ドローンを思い出す人もいそうですが、レクサスのROVは「レクリエーショナル・オフ・ハイウェイ・ヴィークル」の略だそうで、オフロード車でも行けないような場所へ踏み込み、自然と触れ合いながら走りを楽しむライフスタイルを目指すのだとか。レクサス初の水素エンジンを採用して、環境に配慮しつつもエンジンのリアルな魂動を感じられるのが自慢です。こちらのボディカラーもアイアンオキサイドを採用。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します