サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > 編集記事 > フォト > 新型「eK ワゴン&eK クロス」発売 インパクトあるデリカ顔は受け入れられるか?

ここから本文です

新型「eK ワゴン&eK クロス」発売 インパクトあるデリカ顔は受け入れられるか?

三菱自動車は3月28日、新型「eK wagon(ワゴン)」と「eK X(クロス)」を発売しました。「eK」シリーズとしては6年ぶりのモデルチェンジとなり、先代と同じく三菱自動車と日産自動車の合弁会社「NMKV」が企画・開発をマネジメント。日産「デイズ」の姉妹車となりますが、「eK クロス」は三菱専売車となります。価格は「eK ワゴン」が129万6000円~150万6600円、「eK クロス」は141万4800~176万5800円となっています。

トピックは三菱初となる高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)の採用です。言ってしまえば日産の「プロパイロット」の三菱版で、30km/h~100km/hの速度で前車に追従して走行する「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」と、道路の白線を検知して車線中央を維持するようにステアリング操作をサポートする「車線維持支援機能(LKA)」がロングドライブの疲労を低減します。

パワートレーンはエンジン、ミッションともに新開発。エンジンは加速性能、静粛性、燃費を向上させ、「eK クロス」にはハイブリッドモデルを設定しました。CVTはそれまでのCVTにありがちな加速時に唸り続けるような制御ではなく、ギア付きのような段階的な制御に改良。加速時の静粛性を向上させました。

新たに設定された「eK クロス」はこれまでの「eK カスタム」に代わるモデルで、新型デリカなどにも採用されたデザインコンセプト「ダイナミックシールドコンセプト」を採用。SUVのイメージを全面に出した大胆なフロントマスクが特徴です。上部にあるランプはヘッドライトのようなモチーフのライトはLEDのポジションランプで、フロントバンパー左右に3個設置された大型LEDがヘッドライトとなっています。

発表会では、29日から放映される「eK クロス」のTVCMに出演する竹内涼真さんが壇上に登場。司会の女性とのトークセッションで「このクルマに乗ってキャンプとかアウトドアしたいですね」という竹内さんのコメントに司会の女性が「ドライブ行きたいですね、私も一緒に連れて行ってくれますか?」との問いに「無理ですね(笑)」とバッサリ。普段はシーンとした雰囲気になりがちな会場内でドッと笑いが起きていました。

次のページ>>スペック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します